12/3 放下21を見に行く
c0180320_4183793.jpg
[それでもダンスは成立するのか](岩下徹)

京都芸術センターにて、岩下徹ソロ、即興、無音、一時間の公演を見てきました。
岩下さんは、大学の頃、私がインプロや即興、ダンス、に興味を持つようになったきっかけになった公演を仕切っていた教授(今は客員教授かな?)で、当時は、岩下さんを中心に、先生が来なくてもやる学内セッション通称「インプロの会」があったり
(毎月、日付と時間と場所だけが学内掲示板にちっちゃいメモで張り出され、それに何故かどこからともなく、ダンサーや私みたいな音響、音楽の人や、いきなり絵かくひととか、写真撮る人とか、なにかしら、自分の制作にしようとする変な人が集まって来て,まあ、あんまり仕切りとかなくやっていたもの。コレを元に俺、卒業論文完成。)毎年、岩下クラス授業発表公演があったりで、ほんまに面白かったんです。
 んで、やっぱり、そうやって、同じ地上で、やっていたとゆうか、やって頂いていた先生の公演は見に行くと、ああ、今まで,こんなんただでもっと近い所で、やってもらってたんやなとゆう気分になるのです。
 今回は、久しぶりに見に行ったんですが、やっぱりそらもう、尊敬とゆうか、畏怖とゆうか、ひれ伏す感じで、私が「わからない」事が「分かっている」ように見える(まあ、何が分かんないのかは分かんないのですが,、、)即興ダンスとかノイズとかそういったものの、一見無意味に見えるものの土台(しかしながら、ソコに意味を見いだしてしまうのが人間で、しかし、その意味っちゅうのが、・が三つあるから、人の顔に見えるみたいなレベルの話じゃなくて、こう、地上とか重力とか時空とか、が、鏡のように帰ってくるもんだと思います。)がしっかりあり、逆に言えば、ただ、そこに、いるだけ、がダンスなら、ダンスとは、日常であり、日常がダンスであるのはダンサーだけとゆう、この三段論法が宙を舞うのです。

つい、この手の話題になると理屈っぽくなる癖がまだ抜けません。

ただ、アフタートークの皆さんの質問なんかを聞いて、「んなこと聞いてんと!あーーもう分かってないわ!分かってないやつばっかりや!ちゅうか、女子供に分かるか!この男らしさと潔さが!」とか思ってしまう、
つまり、
「私だけがわかっている!」
と思うぐらい強くなにかに人を共感させる作品は
まあ、良い作品やと思うんですが、その辺は、異存なかろう。

もう一昨年ですが、岩下クラスの授業発表公演に音響で参加させていもらうことになり、シンセとcdjとサンプラーとギターと鈴とでやらしてもらいました。
しかし、
どうも、こちらはもう卒業しているわけで、学生の皆さんに気を使ってしまい、俺は未だに悔いが残っています。(だって、みんなは高い学費はらってんだから)
次はと思っていましたが、どうも舞台の学科の編成などがかわり、そのユメもかなわなくなり。
やり残した事があるぐらいが楽しく生きられるんじゃないかとおもっていましたが、どうも、やっぱり、これは死んでも死にきれないし、とても、今日、悔しいのです。
それは、今、自分がやりたい事は、バンドであったり、全然やってない実験音響であったりするんですが、それとは別に、どうしても、即興をもとめています。
どうにか。

とてもいい公演でした。
ベストオブ人生を変えた公演の3番目の称号。

[PR]
# by watarukanaya | 2008-12-05 04:07
11/29・30 Lainy J Groove 2008 last live
c0180320_471313.jpg

11月に今年最後のライブがやってくるなんて!なんて、寂しいんでしょうか!
29日は紺風少年のイベント。ランニングライフ。@アバンギルド。
この週二回目のアバンギルド。この前いきそびれたポント町の牛スジを食いにいく。
で、一発目にライブ。DJ nanairo 氏がナイスセレクションしていたので、それを乗っ取るかのようにいつもの感じ。七拍子から、ホシクズの曲、ダブって、新曲、もはや原型のない3年ぐらいやっている曲、そして、田中君フューチャー。
今年変わった事、やはり変わらなかった事(それはあきらめたとゆうことではないよ)
来年もこうゆうイベントで、こうゆうライブが出来たらいいなと思います。
簡単な事じゃないです。
閉めは紺風少年。俺はもうベースが俺の想像する最高のベースだったので、感動しました。あんな風にベース弾きたいです。もう、なんか。(いや、ギター練習しますけど。)

30日は京都市主催イベント毎年恒例の大風流のアフターイベント。
三条寺町のカフェアンデパンダンにて。
ここは、高校生のころから、なにげに来ていて、メタルパーカッションの人とか、もう覚えてないけど、面白い人が面白いことしてるイメージ。
また、大学の頃、かなりジャンクなフリーペーパーを作ってたんですが、それのはけ具合が、他のカフェの10倍以上でした。そら、好奇心にあふれた人が集まるいい場所なんです。で、ライブは、そら、知らない人がたくさんいて、ナイスな雰囲気。みんな、楽しみに休日を過ごしている模様。そんな中、楽しくライブさせて頂きました。
イントロ一人で、ギター弾いている瞬間、paの人に、マイクの位置それヤバいんちゃうん?見た異な事を話しかけられ、「いや、わざとです!」みたいな事を返事しながら、気づけばおわるナイスライブ。
前から知り合いやったんやけど、ハードコア友達やと思っていた人が、来てくれて、楽しんでくれたり、幸せでした。
が、、、、しかし、、、、アンデパンダンきたんやったら、あの、アイスコーヒーを頼んだんですよ。
そしたら、いっつも420円やのに500円。「まあ、そら、こんなイベントの時やし、しょうがないよなー。計算めんどくさいもんなー」とおもったら、
出て来たのは、いつものグラスの半分ぐらいの大きさの、リサイクルカップでした。
俺はねえ、貧乏なりに、そりゃあ、こうゆう所で飲むアイスコーヒーに、特別思い入れがあるわけでありまして、このような対応をされると、大変残念かつ、無念を噛み締めて帰路につかざるおえないわけです。
ちなみに、この日は打ち上げがあり、大風流のスタッフのみなさんと、税金でかった、ちょっとしたご飯がでました。それも、ちょっとしたといいますが、スタッフの皆さんの優しさがいっぱいで、おなかいっぱいでした。マジで、そこで、遠慮なくおなかいっぱい食い尽くす所がレイニーなめんなよ的な。ごめんなさい。おいしかったです。
助かりました。
次の日、アンデパンダンに出向き、いつものコーヒーを飲みました。
いいお店です。


とゆうわけで、2008年のレーニーライブは終了。レコーディングして、新しい曲のデモでもつくって、来年もガンガンいきます。
いままで、あーもうちょっとやなーとか思ってみていた人!
来年もこりずに見に来いよ。期待を裏切らないように上昇します。
絶対!!!

[PR]
# by watarukanaya | 2008-12-05 04:07
11/26 ohi-sunでライブ

@アバンギルド。
写真を全く撮っていませんが、チョウ素敵な衣装つきバンド、ohi-sunにてギターを弾きました。
メンバーはベースとサンプラーとシンセにレイニー浜田、ドラム1レイニー渡辺、ドラム2にex大十のはるちゃん、mcにたまにレイニーのクニヒコ、ダンサーにマツキモエfrom chattyでした。
ちなみに私はオーディション中であり、ギター弾く人は沢山候補がいます中、やらせてもらいました。
オーディションは時間通りきたので、一次はパスですが、今後、二次試験などなど、終わりなきオーディションが繰広げられるでしょう。
ヘルプとか、サポートメンバーはよく聞きますがオーディション中って。
しかし、ライブは出るし。
役回りはギターとちょっとした演出です。

ライブをみた宮社長曰く「もうちょとおー支点がそろえば、、」とのこと。
ちなみにオーディション中なので、んなもんこれこうしたらかっこ良いやん!みたいな雑念はほっておき、言われたような雰囲気のフレーズを作り、どうにかこうにか、納得してもらいライブさせて頂くといった、とても、私とは思えない、下手に出てる感じであり、(普段の性格のままやね。音楽の話になるととたんにわがままになるんです、本来は。)まあ、それはそれで面白い訳でございます。
縛りの中で、何するか。とね。
ので、
今後も要チェック。

[PR]
# by watarukanaya | 2008-12-03 04:48
11/23 dry river string 東京へGO
c0180320_124643.jpg

11/23日はdry river strings初の東京進出。
場所は下北沢のERA。catune主催のmiddle9のニューなアルバムの発売おめでとうございます、2daysの一日目でした。
せっかく東京にいくので、ただいまレコーディング中の音源の中から,比較的ミックスの終了した曲を一曲だけcdrに焼いて持っていきました。
レコーディング、ミックス作業をしていただいているのは、up and comingのオオモトさんです。実にらしい、素晴らしい音響ミックスに仕上がっています。びっくりです。
レーベルの絵は
メテオライト
とゆう東京で、映像とデザインをやっている知人に書いてもらいました。
狸が三匹。
つまり、ある方が北大路付近で絡まれた三匹の狸なのです。
ご注文通り素晴らしいできでありまして、うれしがって、シールとか作って、パッケージにはったりしました。
今の所、東京のライブ会場限定だったので、手元にはありませんが、干川家にまだ5枚は残っているはずなので、欲しい人はいいに行って下さい。ちなみに私も持ってません。

で、旅路はレンタカーで朝に出発、出町の柳月堂でパン購入、高速をひた走り、下北沢着、駅前のアメリカンなカフェで飯、そのままリハ、本番、お泊まりのサクラホテルに
チェックイン、飯くって寝る、とゆう、チョウ合理的な旅でした。
メンバーはいつもと一緒。干川さんにdoppoよりツジモト氏、bedよりヤマグチ氏。
ちなみにホテルはお茶の水の楽器街のすぐ近く。外国人ばっかりとまっています。
夜中、飯から帰って来て、ロビーで、コーヒー頼んでいると、ベロベロでなぜかハッピきている外国人にからまれ、どうやら出会った記念にビールを飲もうぜとゆうことらしいんですが、困っているとヤマグチ君が英語で助けてくれました。逃げました。

ライブはなにげに初めてみたthe SHUWAは衝撃的。
9dwはcd聞き過ぎて全部の曲、ギター歌えました。あの曲とこの曲を繋ぐのが、めっちゃいい具合のハウスDJっぽく、オールテンションあがる感じ。素晴らしい。幸せ。でも、本番シーケンサー調子悪く、もっかいちゃんと見たいのでした。
middle9はlow-passのカナザワくんが加わっていて、この人のギターは素敵なので、ナイスなプラスになっていました。ああすげえなあと。最近大阪の人と話すとmiddle9の事ゆうもんなと、みんながゆうだけの事はあるなと。パーティー感がいいなと。大阪の雰囲気の一番いい形にみえる。

で、私ら普段どおりでした。こっちが座っているのに始まったら、お客さんがたってしまったので、不思議な感じでした。
ここにいる人はみんな東京の人かと。
タモリと近い所で暮らしているのかと。

ちなみに狸の絵を書いてくれた知人とその同僚も見に来てくれて、さらに、東京で整体の修行をしている知人も来てくれてたんですが、何故か、そのまま三人で、飯食いにいってくるわーと帰っていきました。俺は。

帰りは紅葉の綺麗な中央道。

とゆうわけで、帰って来た瞬間、高速降りるなりタクシーに当てられるなどのトラブルを乗り越えつつ、無事にやっております。
次のライブは来年1/23に@大会です。よろしく。
今から、来年の新しいスケジュール帳に書いといたらいいじゃないか。


[PR]
# by watarukanaya | 2008-12-03 01:24
個人的なブログにしました。
c0180320_311367.jpg

[開拓時代アメリカ人が西に向かったように、次のフロンティアは空にある](ジェニファー from "space planning co")

とゆうわけで、2009年の予定表を買いました。
今年は白川通りのオブジェの横の雑貨屋さんで。マンスリー牛。
今年は動物が好きでした。
あとやっぱり、自然におかされていくテクノロジーが好きです。
ペンキがはげていって木が見えるのとか、朽ち果ててゆく建造物。
おすすめスポットは京産大のグランドの近くにある、川の上を通るガス管みたいなのが、ガンガンさびていて、自然の雄大さと男らしい鉄の錆にドキドキできます。

とゆうわけで、ブログ新たに始めます。
よろしく。

[PR]
# by watarukanaya | 2008-12-02 03:01