<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
私と lainy j groove
2014/3/30二条のライブハウスnanoにてナノの10周年イベントに出演しました。
10年続くとゆうのはすごいなーと改めて思いましたが、実はlainy j grooveも10年ぐらい(いつ始めたか誰もちゃんと良く分かってない)経ちます。
c0180320_012733.jpg

2003年頃初練習京都産業大学の部室、メンバーそろっての練習は南インター近くのサッシュというバイク屋。初ライブ浜田がバイトだったので、私がベース。しかも全日空ホテル鳳凰の間がデビューライブ。
2005年頃
当時バイトしていたネガポジというライブハウスに出演し始める。
これまたバイトしていたスタジオスーで始めてのレコーディング。カバーデザイン、からきっちゃん。
c0180320_22234073.jpg

自主制作。当時めっちゃしょうむないギターしかもってなかったからmoonのストラトを友達からか借りて、スーのsスタジオにあったトランジスタのマーシャルで録音。ストリングチーズインシデントみたいになりたかった
c0180320_2224868.jpg

中と外のデザインの温度差がすごいのは中だけ私が趣味で作ったからだ

2006年頃
ヒッピーブーム(マイブーム)到来でライブ版を制作(ライブ日付は2006/4/9)
c0180320_22243683.jpg

c0180320_22244636.jpg

当時のイベントに出演していたのはシゼンカイノオキテ、紺風少年、大阪からI.Q.O
ネガポジにてライブ録音。ミックスはシライリゾートの白井君。

これいつ出した何か覚えていないがおまけでシールとかつくった
c0180320_2225034.jpg

今でもデザインは一番すき

2006年ごろからレコーディングして自主で出したgoogolplex trax
ネガポジで吉岡くん(llama)にレコーディングしてもらった。浜田が強引にミックス。
セッションがそのまま入っていたりするがリバーブユニットのはいったマーシャルのヘッドにパンチするなどの尖り方が若さ故。こんなかっこいいタンバリン聞いた事無いという音が入っている名盤。

2007
c0180320_22251067.jpg

ハナマウイレコードから再発し、西院tutayaでインストアなど初体験。
その後、どんどんくらい音楽になっていき、私はほぼギター弾かないでタッピング、鉄琴とミキサーでドラムにディレイかけたりする暗黒時代が到来。一定の評価を受けるがメンバーの陽気な性格が裏目にでて、純粋に暗くできない。
c0180320_22253261.jpg

渡辺さんに立体で作れといわれ、試行錯誤の末がんばって作った立体ポスターをいろんなところに貼りにいったがウーピーのステージ脇にずっとあって恥ずかしい思いをする。多分店員さんもはがしにくかったのだろう。ちなみにデザインがくらすぎてくらいライブハウスでは全然意味が分からないと不評でした。
2010年
c0180320_22252286.jpg

四曲入りこのへんからまた元気の良いライブをやるモードにしたような気がする。
フェスとかにも出させていただいた。(後ろにハイスタの難波さんがいます。ある種一番の思い出)
c0180320_0101274.jpg

夏フェス使用の叩く用(かつおバージョン)ナビゲーターギター
c0180320_021732.jpg

仕事も始めた頃で普段の生活の鬱憤をこういう形で晴らしていたのだろう。


2013年舞音楽祭



2014年みなさんご存知




 そして、2014/4月のレコ発ツアーを持ちまして私、金谷亘は卒業させていただくこととなりました。
 昨年の4月に「もういやだー」といい始め、「五月病やわ」とさんざんいわれ、とりあえず年末までやりましょうとなり、しらぬ間にCDも発売され、レコ発までといっていたら4月になってしまいました。

 ので、上の舞音楽祭の時とかもうこれが最後の御勤め、みたいなへんなテンション(私だけ)です。最後かもしれんからと前日の夜中に奈良までムスタングをとりに行ったりした。
 その後も2013年夏に市役所前で選挙フェスに出場、野外に持ち出して愛用のベースマンアンプもこわれました。
 

 4月でやめるんだーという話は会った方にはしていたんで、なんでやめる?と聞いていただきましたが、なんともよく説明できない。
 人魚姫でいうと、陸に上がろうとする心境。ストーリーの結末は覚えてないけれども、ただ、今は、陸に上がるべきとの判断です。

 自分でもなにいっているのか分からなすぎてふくちゃんには「普通もうちょっとうまい事辞められるで、、、」とあきれられましたし、話し合いの席に「脱退」と書いたでっかい紙もっていったら渡辺さんにめっちゃ怒られたし。
 みんな長年のお付き合いすぎて甘いから、自分を律せず責任を持たずに甘えすぎてきた結果だと思います。
(lainyはしってるけど、金谷はしゃべった事無いというような方は、この感じからこのコミュニケーション能力の欠如感をお察しいただけましたら幸いでございます。)

 せっかくかっこいいのにもったいないとか、なかなか続けられるもんじゃないからもったいないといろいろお言葉を頂戴したりしました。
 練習の度、新しい曲の構想をねって、エレキギターを担いでスタジオにいくとドラムとかベースとかでっかいアンプがあってでっかい音ならして遊べる夢のようなスペースのはず。それがつまらなくなったら続ける意味は無いと、どうかんがえても悲しい。

 lainy j grooは今後どうするの?ともよくお聞きいただきましたが、「えーどうすんの、どうすんのー?」と立場上聞きにくいので、みなさんとご一緒に期待して見守ります。
 
 私個人はこの後どうするの?ともお聞きいただきますが、lainyから金谷は消えますが、lainyだったという事実は一生消えないとおもってます。ついでに過去やっていたバンドや参加していた物全てにわたってex.的におもって生きています。
そういう観念的なことじゃなくてバンドとかやるの?という問いに関しては、まったくもってなーんも考えてないのでなんともいえません。少なくともこんなバンドやりたいから辞めるという事では無いです。
 もし、こころのどこかでいい感じに私のギターを電波的に受け取って下さっている方がいて、もう聞けないのは残念だね!と思って下さる方がいらっしゃった、それは残念ですが、そこを感じとって下さるならば、たとえ何をしていて姿勢は部分は同じだから!何事にも真摯に心を込めて丁寧に!

 最後のライブやし見に来てね♡という感じでもないんですが、あとはもう「人を尊敬して音楽を尊敬してそしてそれが自分に帰ってくる」という言葉を胸に感謝と恩返しのつもりでやりますので、よかったら来て下さいコーラおごります。
4/6東京、4/13京都、4/16福岡、4/20大阪です。(ツアー事態には長野が含まれておりますが、普通に有給が足りなくて行けませんでした。)

 アイラブ
[PR]
by watarukanaya | 2014-03-31 23:57