<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
taiwan後半

ライブ会場に到着。別にフェスではない。日常である。
c0180320_0204535.jpg




日常であるが、今日は外でやるベー的なのりでステージをセット。
c0180320_0202933.jpg



看板。
c0180320_0202155.jpg



別にフェスではないが、手作り市みたいなんが出ている。
c0180320_0201782.jpg



ライブはリハ終わったら、ほな十分後ぐらいに本番始めましょかみたいな。いきなりのノリ。
地本のバンドも出てくれたが、どうやら、半分以上喋りながらやるのが、南国風。
c0180320_0201414.jpg



夜の八時にはイベント終了。週末だけ開催されているお祭り的な夜市。台北にあるのは、みんながご飯を食べに行く所。こちらは遊びに行くところ的なものらしい。
c0180320_020583.jpg



食べ物は基本的に調理されているが、これとこれーとゆうと、もう一度油に突っ込んでくれるので、死なないと思う。
c0180320_020990.jpg



三日目
朝5時起きでまたもや、電車で六時間。駅弁。まずい。
c0180320_02015.jpg



台北から空港まで、一人で迷うので、タクシーに乗る。英語も全く分かってもらえない。
ただ、この風車の写真をとっていたら、「台湾はパワーがある。日本もパワーあるから、頑張れ!」みたいな事を言われて泣きそうになる。台湾は一番募金をしてくれているそう。そんな中、10万ぐらい使って遊びに行ってごめんとおもう。ほんまにええ人たち。
c0180320_0195911.jpg



最後のご飯。空港のちょっと高い店でラーメン。おにうま。半分ぐらいお肉。
c0180320_0195781.jpg



最後、台湾ではあんなにみんな優しかったのに。
関空の検疫でしらずにかった持ち込めないビーフジャーキーなどを自主提出してあやまる。
廃棄処分されるらしい。
にもかかわらず、そのあとの審査で一人居残りでなにしてきたんですか?とか聞かれる。
そんなに怪しいのか。そうか。同じ日本人なのに。何しに行ってきたとか言われても、なんで生きてるんですかみたいな哲学じゃなですか。そんな知らないにーちゃんに生きてる意味を説明するんかい。
c0180320_0195231.jpg


とゆうわけで、疲れました。ほんまに、人生でいちばんつかれた。肉体的に。
京都駅に帰ってきて、タクシー乗り場前でヘタリ込みました。
今度は普通に台北にライブしに行きたいわ。













[PR]
by watarukanaya | 2011-09-21 00:41
taiwan
taiwan前半
ハローシェンシェー。しか言わなかったような。台湾三日間の怒涛の旅写真日記。
日本語通じるみたいな事書いてあるが、ありがとうとかそうゆう単語を知っているとゆうだけで、空港について30分で諦めて英語でしゃべろうと試みる。
今回、台湾に9か月すんでいる友達と、日本語学科の大学生の通訳が助けてくれたが、空港ついて六時間、(みんなと別の便しかとれなかった。)三日目は一人旅状態でした。


c0180320_23544528.jpg




機内食でまさかのあずきケーキ
c0180320_2355392.jpg

さっそくレッドブル的なもの。原液かとおもうほどドロドロ。
c0180320_23551348.jpg

空港で食ったケンタッキーの偽物みたいなもの。チキンがケンタッキーのお肉で龍門の味付け。めっちゃうまかったが、飲み物は巨大すぎ甘すぎ薬の味しすぎで一口で諦めた。ので、コーヒーを飲もうと180元もするのをたのんでみたが、思いっきり生クリームを乗せられた。ノーシュガー、ノークリームといわなあかん。でも、そうするとあんまり氷の入っていないめちゃめちゃ濃いコーヒーが出てくるので、まあ、コーヒー飲もうとすること自体が不毛な感じ。スタバいけ。
c0180320_23551153.jpg

龍眼とゆう果物。ライチの味で美味しい。沢山たべると鼻血でるよー
c0180320_23551631.jpg

とめてもらった台北のオフィス
c0180320_23552014.jpg

ちなみに健康ロードとゆうところにあります。(一頭地らしい)
c0180320_23552118.jpg

名前にまけず、健康ロードでは太極拳。
c0180320_23552420.jpg




二日目の朝。tokyuとかいた電車で六時間。
c0180320_23553049.jpg




台東に到着。田舎やでーといっていたが、駅前はけっこうな人。でも、市街地まではタクシーで10っ分ぐらい。
c0180320_23553347.jpg




ふた部屋で4200台湾ドル。12000円ぐらいで、ダブルベッド三つの部屋が二つ。天蓋つき。
c0180320_23553671.jpg




台東の名物。シャカ。これ、仏さんの頭みたいな見た目やかららしい。美味しく食べていたが、それを聞くと脳みそくってる気分になる。
c0180320_23553888.jpg




汚い国道に突如あるチェーン店っぽいジュース屋さん。台湾では飲み物もスイーツ扱いなので、果肉やタピオカが入っている。
c0180320_23554615.jpg




日本でもタピオカうっているが、現地にしかない、謎の果肉入。
c0180320_23554186.jpg



[PR]
by watarukanaya | 2011-09-21 00:13
8/31

なんとか今月のうちに更新。

昔は日記としてかいていたのだけれども、今は、記憶があるうちに書く方式

七月末は和歌山バグースにてレイニーライブ。二時間半ぐらいはかかるので、往復五時間、滞在時間1時間ぐらいで2曲+アンコール。高速代がかかった。
去年は怪我したので、大人しく海に飛び込み、迅速にライブをして、安全運転で帰って来た。

8/6は西院フェスでレイニーライブ。またしても、苦情が出る。
普通のレストランで、上はカラオケとか入っているビルの地下なんだけども、まあ、そら、ずーーーっと爆音やからな。苦情でるよね。
しかも、一曲目始まるまでにギター壊れるとゆうハプニングで焦り、楽屋で死んでいたサワラデザートさんに弟のテレキャスを借りる。奇しくも、前三人テレキャスとゆうめっちゃかっこいいバンドになる。
ゲストでリッキーが太鼓、佐々木さんがピアニカだった。ちなみに、ピックが消えたので、誰かないですかといったら、リッキーが知り合いの彼女から借りてくれるとゆう男前っぷりを発揮し、ギター壊れた時も、ドラムが壊れてパーカッションで繋いでいるときも、全部助けてもらった。凄い。

8/14はミューズホールでレイニー。
仕事終って急いで焦りすぎてまさかのミューズホールを見失うとゆう暴挙をやらかしたが、まあ、間に合った。只、何故かこの日はフロアでライブだったのである。全く持って何やっているのか解らん感じで爆音だった。せっかくミューズホールは良い音になったのになーと思う。


8/15梅田シャングリラでレイニーライブ。八月は何故か沢山ある。汗をかくのが似合うバンドであるのだろうか。シャングリラはええな。久しぶりのいい音環境でのライブが楽しかった。帰り、ターンテーブルの谷君が車に乗っていて楽しすぎた。

8/17ついに始動したドライリバーがレコ初ツアー。初日東京。
ツアーなれしていない故、何時に集合?みたいなんが、どシロウトである。みんな結構ベテランであるのだけれど。
東京は昨年12月以来。セブンスフロアとゆうとても良い所だった。
が、お盆で込みまくり、またリハを飛ばしそうになる。
ついて急いでりはして、すぐ本番(2バンドだけだったんだよ。)平日にもかかわらず、沢山人が来てくれて嬉しかったです。アンコールで、内緒にしていたんですが、福本さんがカホンを叩くびっくり企画を用意していたんだけれども、なかなか出てこないなーとおもってたら、代わりにカシクラさんが出て来たので、ビビった。そして、カホン触るの初めてといいながら、一曲やりきって帰って行かれた男前すぎた。
さて、ホテルを取って頂いていたので、止まって、始発で新幹線とゆうのをしてみたが、ほんまに疲れすぎて鍵無くす事件とか、もう、脳みそ回ってへん感じがしていた。夜中に食べたホテルの近くのラーメンは、鶏ガラってこんなに生臭い?とおもうほど美味しくなかった。歴代食ったラーメンワースト1。
東京。友達もいっぱいいるし、楽しいんだが、ご飯はあかん。あれはあかん。

8/22木屋町のバーでレイニーライブ。
流石に木屋町。苦情は来なかった。
とゆうか、他のバンドも信じられへん爆音だった。
楽屋とゆうかステージ裏で用意していたら、爆音すぎて、棚が崩壊した。
爆音に包まれているので、察知できるはずも無く、もろに上から予備の照明器具が落ちて来て頭にあたった。だんだんはれてきて、酔っぱらいでいっぱいだったお店で寝転んで氷あててもらっていたらついに負傷者が!みたいになっていたが、この時私は、飲みやに来て15分ぐらいである。
みんな出来上がっていたので、酔っぱらいの阿鼻叫喚の中、爆音でライブをし、怖い木屋町の道路を通って帰宅。
この夏もやはり、怪我をする。

8/24
ドライリバーレコ初二日目。
名古屋。yok/room501と一緒。
早くつきすぎる。
平日なので、打ち上げできない事を見越してリハ終わりにわがままをいい山ちゃんにつれていってもらうが、手羽先があんなにお腹ふくれるものだとおもわなくて、ひたすら食って、ずーーっと満腹のまま、ライブも終える。
この日はお腹がふくれすぎていた事をのぞけばまったくもって、最高の一日となった。感謝しかない。
なんか、名古屋のラジオで流れたり、いろんな人が知らない所でいろいろしてくれていたらしい。感謝しかない。

8/25
京都ウーピーズ最終営業日。
いったらとりあえずアップ&カミングが始まる所だった。
昨日からいろんな人が見に行きたかった、、とゆっていたので、とりあえずビデオ取っておくことにする。名古屋のタピくんとかの為に。
なんしか、意外にしんみりせずに、お祭り騒ぎで終った。
ついで、ジズーとかも異様に盛り上がり、レイニーでライブ。ほんまに、なんでか絶対、誰かがなんか壊れるバンドであるなとおもうんですが、この日は浜田のベースが音消える。
まあ、それでも、最後。2曲だけやけど、なんか、爪痕は残したんじゃないかと思う。

ウーピーズには、高校生の時から何回も出ている。多分一番いっぱい遊びに行っている。ここでの行動はなんか自分で解る感覚がある。と、なんか、思い返してみると思うな。場所の力は凄いなと。
最後にナイアードとKiMみたかったなーとおもいながら帰る。
なんか、誰と対バンしたーとかで盛り上がってる人に対して、「いやいや自分がなにするかでしょ」とか思ってしまう人であるが、この日、この場所にいて、アップや、フルードや、ジズーや、クランク(一生対バンなんかありえへんとおもっていた。いくらこっちが好きでも。。)と一緒に最後の日にライブできた(しかもレイニーでとゆうのが、重要なのである。他のバンドではからんでもレイニーは一緒のおイベントにならへんやん、ハードコアとか。)のは、ホコリに思うと思った。思うなーと思ったのであった。なんか、初めて、京都でこうやって、ある程度長い事、バンドとかやって、音楽好きで集まってる連中の中にいて、レゲエのにーちゃんがフルードで盛り上がりまくっている私に、面白そうにマイク渡して来たりとか、そうゆうのってほんまにない事。
とっても死ぬ程寝不足になったが、(帰ったら三時だよ。夜中の)次の日も、大本さんのMCで泣きそうになり、ロッカーズもパンクスもテッズも モッズもスキンヘッズもラスタマンも 戦い続けろ 敵は遠くにいるのだ とゆうたしかスペシャルズの人の言葉がずっとリフレインしていた。スペシャルズ嫌いやけどな。なんか、みんなが夢にみた光景があった。


さて、九月もレイニーは4日にナノ(久しぶり)18日に台湾25日に神戸、29日に大阪とまた、訳の分からん予定やなーと思った。台湾ってなんやねんと。とりあえず自費で行ってきます。10万とびました。怖い怖い。
よていは、私以外のメンバーのツイッターにて。
あと、7日はドライリバーレコ初ファイナルとゆうか京都でライブしますよ。
こちらは、オフィシャルでツイッターあるので、探してね。







[PR]
by watarukanaya | 2011-09-01 01:09