<   2010年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
7/31

前回ライブしたのはタクタクだったが、それ以降あまり記憶がない。
とゆうのも、まあ、完全に寝不足のまま一週間を過ごした。記憶は無いが、遠い昔のようである。

さて、なんやかんやでライブしてますが、いちよう、今日もレコ初企画とゆって頂いておりますイベントに出場。
場所、不明。
前回、行った事あるんですが、奈良のモスト繁華街的な商店街のスーパーの前にあるバーみたいな所でやります。これ、奈良出身の人にゆったら、あーあのスーパーの上マンションになってる所でしょ?みたいな事ゆってたので、分かる人には分かるだろう。
ちなみに、奈良といえば、サイカラーメンが有名ですが、私、あれ、ニンニク過ぎて食えません。あっさりメニューもあるものの、全然おいしくないの。(京都店しか行った事ないけど。)。
とゆうわけで、無鉄砲とゆう、天一を凝縮したようなラーメンを出すお店があるんです。(レイニー推薦店)
で、奈良と難波にあるのだけれども、どちらも結構早くしまるのです。
そう、今日は何故かダブルヘッダーとゆうわけで、奈良のあと、難波のロケッツのオールナイト企画に出演するんです。出番、2:30予定ですが、3時間ぐらい押すかも(業界用語で時間が遅くなってしまう事)とゆうわけで、ライブ終ってご飯みたいなのりにはなれないだろうと。
何が言いたいかとゆうと、とりあえずラーメンくって→ならでライブ→難波でライブとゆうコースが出来上がったとゆうことです。
なんで、こんな事報告してんねんと思いますが、
昨今、あまりにも粗食すぎて、ジャンクな食べ物を欲しているのです。ずーっとラーメン食いたかった。から、嬉しいのです。この日を楽しみに一周間きたね。

ただ、もう、朝から、テンションが上がり過ぎてお腹が痛いので心配です。

あと、めっちゃオモシロい動画を携帯でとったのだけれども、メールにはでかすぎて遅れないし、手元にミニSDカードを読み込める機材はないし、どうしても、みんなに見せたいので「見せて」ってゆってくれ。

[PR]
by watarukanaya | 2010-07-31 09:57
7/27

情報系から。
九月にえらいライブが決まりました。レイニー。
oki dub ainu bandをご存知でしょうかいね?
http://www.tonkori.com/profile/index.php
とりあえずこちらをみてくれ。
アイヌの伝統楽器トンコリをエレキ化し、ドラムとベースを加えて世界中にジャパンアイヌを伝導するバンドです。
京都で一番のインディアン好きと言われているレイニーワタナベさんとの対決ですよ。我々は何も伝導していませんが。
ちなみに、リリースツアーなので、かっこ良過ぎるポスター等がその辺にあると思いますが、あの持っているソード的な物体が五弦の楽器になっております。決して忍者ではありません。
東京と、地元北海道と、何故か京都のみのツアーでござんす。
京都はレイニーと夢の2マンです。


ここのところ、ずっとレコーディングと言っていて、いったいいつまでやってるねんと多方面からバカにされていましたドライリバーですが、メンバーがパン屋とか和菓子屋とかコンタクトレンズ屋だとこんなもんですヨ。で、九月に録音が決まりましたので、その前にちょろっとライブします。
ちょろっとなんですが、どっちも一筋縄ではいかない感じになってます。
まず、九月4日は最近名盤をリリースしてしまったbedのレコ初ツアー。結構回るようですが、なぜか東京の時に一緒にさせてもらいます。bedといえば、初期ドライリバーを支えまくった山口くんのバンドですよ。
リリースアルバムづっと聞いていますが、とても、夏っぽいんです。爽やか。

次いで、9/11日は梅田ハードレインで、またまたアイルランドからやってくるエネミーズのリリースツアー大坂編。しかもハイテンションセックスガールが出るんです。とゆうのも、エネミーズ前回の来日では京都で一緒にやったんですが、次の日も大阪やったんで、見に行ってたんです。
ほしたらライブ終ったぐらいにバイト終わりで来たハイテンションのコウくんに、「とりあえずtシャツかってこい」とパシラされたのは良い思いでです(前日の京都公演は見ていたがtシャツが間に合ってなくて、この日から発売だった。)。とっても先輩として慕われているのだなーと感じました。
ちなみに、ギターのスミちゃんも私のストラトを貸したら、その後あんまり連絡をよこさないナイスガイです。とっても慕われているのだなーと感じます。

[PR]
by watarukanaya | 2010-07-27 11:36
7/25

本日、京都タクタク初めて出ます。
場所は富小路仏光寺下がるです。あんまりわからない人は四条通りを歩いていると南北の道の名前が看板でているので、富小路をさがして、南に向かって二本目と三本目の間です。
そして、こちら、古くからのライブハウスで、周りは住宅地なので、スタートはやいです。
終わりもきっかり9時までと決まっております。
今日休みですか?
なので、とりあえずレイニーは6時からやります。ヨロシク。


昨日はライブ前日とゆうことで、妙にテンション高くすごした。
昼間は、ちょっと時間があったので、部屋からキャビを運び出す過程で、掃除しだし、いらない服等を捨てようとした。
会計の勉強をしているのだけども、どうやら在庫とゆうのは、あるだけでマイナスらしいので。
ちなみに、テレビで収納王子も、一年間使ってないものは捨てろ!といっていた。
結果、在庫管理ができていれば、いらない買い物しなくてもよくて、とてもナイスらしい。
で、京都市指定のゴミ袋が三枚ぐらいになる感じだったので、せっかくやから、セカストに引き取ってもらおうと段ボールにつめ直す。
キャビも一緒に運んでしまうので、出してみると8Ωとある。
ちなみに、前の前につかっていたマーシャルの80年代の大失敗作アンプのキャビを流用しているのだけども、そもそも、フェンダーのキャビはバックパネルが無いものがほとんど。こちらのマーシャルは10インチ四発と小型で、みっちり裏の蓋がしまっている。
そして、重さも結構ある。そもそも、キャビなんて、重けりゃ重い方が良い音のような気がするが、もう少し、軽やかになってほしいと思うのと、何となく、夏やし、暑苦しいのでバックパネルを外す。いきなり思い立って、ドライバーを握る感じが、妙なテンションを現しているし、また、きもちいいもんである。
で、あけてみたら、セレッション製スピーカーが四発。30年選手なので、外見はともかく、立派にビンテージ感が満載であった。そして、風通しがない所なので、金属部分がええ感じになっていた。これ、スピーカーの繋ぎ方かえたら8Ωが4Ωになったりしいひんにゃろかと思い検索するが、
昨今のキャビは切り替えスイッチが着いているのでそういった改造をしている人はなく、どうするんかわからんかった。それに、そうゆう事する人はたいてい、直列とか並列とかゆうので意味不明である。まあ、こうゆうのが決定的に分からんのは勉強できない系のためやし、しかし、いきなりバックパネル開けたりするのは、何かこう、文系だった為の理系への憧れとか、日曜大工的なアメリカンビッグパパ的なものへの憧れとか、スタジオ店員のプライドとかそういった感情が入り交じるとてもいい瞬間である。

夜、父に車かりるでーとゆうと、ガソリン入れといてーといわれ、はいよーと言い家を出る。
初めて買い取りカウンターとか行ってみたがどうも、そんなにメーカーのものとかじゃないので、どうかとおもったが、2000円も出してくれたんである。ちなみに、去年セカストで買った1800円の帽子は100円で、その他、古着屋の凄いバーゲンで買って着た100円ぐらいのものは200円になって、逆に儲かった。しかし、なんとなく寂しい気持ちになるのは、完全に貧乏人根性が染み付いていると思われる。
しかも、帰りしなにガソリンいれたら3000円。

前日にアンプ運ぶとかゆうのは、実は初めてかもしれない。
そして、私が神扱いしているZとゆう東京のバンドは、機材がものすごいので前日にはこんでいる。
はこんでいた。
というのも、かつて、東京にドライリバーで行った時、2daysのイベントの初日終わりに次の日がZがでるとゆう日程で、ライブ終り、こっちはかえらないとあかんのに、ものすごい機材を運び込んでいた。私は神扱いしているので、遠巻きに見ていたが、その当時ドライリバーだっbedの山口くんがしゃべっていて、それを横から聞いていた。
まあ、とりあえず、明日ライブやーとテンション上がってワクワクしながら、昼間は仕事やし、とりあえず前日の夜に用意しておく!みたいな事へのテンション上がる感じは完全にここから来ているものと思われる。
ちなみに、後にZのギターの方としゃべるとゆうか、何故か造形の学祭に来ていたので、機材撤収を手伝い、あの、うっとおしい、山の校舎を二人で重いキャビもって降りるとゆう事を体験したが、
ウオズさん「ギター弾いてるの?」
私「ハイ」
ウオズさん「アンプ何使ってるの?」
私「fenderのbassman50のギンパネです」
ウオズさん「へー、あれって直流?交流?」
みたいな会話があった。そんなもんしらんし。
つまり、エレキなギター弾くなら、直流、交流とか、直列、並列とかわかっとけって事ですが、やっぱ分からないものは分からないですよね。ただ、そういった、ピックから弦、ピックアップを通ってアンプに言ってその電気信号があなたの耳に届くまで、そういった事にはとても興味がある。そういった音の見方もあるのだなという話。
じゃあ、そこが苦手でわからないなら、何か自分で分かる事で、その道筋を見ないといけない。もっと、意識的な事でもいいから、分かった気にならないと、聞こえる音なんてでねえんだよバカヤロウベラボウメですよ。

さて、とりあえず、タクタクなので楽しみにしてきます。
ちなみに、メトロでは東京からクーロンが来てます。かぶっててナンですけども、レイニーみてから言っても間に合うのでそうゆう人がいたら、なんかあげます。

[PR]
by watarukanaya | 2010-07-25 11:31
7/24

どうですか。youtube見てくれてますか?
あれ、実際の所、なれた人と機材ならどうかしらないですけども、取り込むのに30分、変換30分、アップするのに30分、その他諸々に30分。しかも、ファイヤーワイヤーでビデオつなぐと、再起動しないとうまく読んでくれない(早送りとかしてもダメ!)とゆうむちゃな環境でやっております。
そして、「アップするのモンゴルでいい?」とレイニーの皆様にメールした所、「ええよーご苦労様」みたいな反応かと思いきや、ナベちゃん様にいたっては、タイトルの表記おぼえてないからモンゴルってかいといたらいい?みたいな質問だと思ったらしく「warp to MONGOL」とだけ正しい表記を返してきました。
いつも、適当な事をしているからダメなんです。いまさら、「ちゃうやん!ほかの曲じゃなくてモンドルでええかゆう事!」とか送っても、とても良い訳がましい結果になってしまうのであえていいませんでしたけども、悔しいのでとりあえずここに。
そうゆうわけで、モンゴルと覚えていただいても結構ですが、正しくは「warp to MONGOL」とゆう曲になっていますが、コレといってモンゴルに対しての知識があるわけではないですが私は。
朝青龍関係の歌ですか?と聞かれたりしますが、全く持って朝青龍を意識していない段階で作っていた曲なので、無関係です。本当に無関係ですが、聞いた人は『レイニー=大食い=お相撲さん』とゆう水面下での連想があるからでこそそういった質問を浴びせてくるんでしょうから、とても失礼ですよね。多分それも、その時、「デブってゆうことですか?」とか聞いたら、意識し過ぎじゃないですか的なことを思われるかもしれないので、言いませんでしたが、悔しいのでとりあえずここに。

さて、日曜日はタクタクでライブです。六時からと早いのでお早めに。
昨日電話で確認したところ、キャビがやっぱり無いので今日の夜のうちに持って行こうとおもい、部屋のなかでテーブルとして使用されていたmyキャビネットスピーカーさんを持ち出すために日中部屋の掃除をしだしたら、掃除機かけるかーとおもいだし、結局、大掃除し、洗濯もし。
しかし、出してみたものの、こんなもん四畳半の子供部屋にある事が間違っているとつくづく思いますな。

[PR]
by watarukanaya | 2010-07-24 17:46
レイニー参加夏フェス第一弾。(三弾まであり)
c0180320_12572989.jpg
どうも、八月頭に夏フェス行ってきます。鳥取県だそうです。
はたしていかほどの距離感なのか、果たして山なのか海なのか。
とゆうところですが、今、ぐぐったところ、海まで300メートルぐらいかもしれません。
とゆうことで、いちよう水着を探して持って行こうと思います。
◎2010サーカス0◎
8月6〜8日 鳥取県西伯郡大山町末吉レストランすえよし敷地内
3日間通し券:前売り3千円、当日4千円
ゲスト: 南正人、ギターパンダ、マロン、生活サーカス、Expe、ろくろう、中嶋あきこ、
Lainy-J-GrOOve、Junn、ドリフトウッド、Seattle、Dr breaker、バビロニア、
スーパーstarカー、ハァンカライブ、粋、Afropunch、DJAbu、わる亜倶、
108青年団などなど

[PR]
by watarukanaya | 2010-07-23 13:02
フューチャー!
レイニーレコ初の模様がyoutubeに上がりましたわヨ!

京都メトロの時のやつです!
こちら、ビデオを置く位置をミスってます。ドラムが全く目てない。が、そのうち叫びが入りますのでナベちゃんファンは耳をこらして!
ちなみにこちらは、CDバージョンと同じく、キーボードに佐々木くん、サックスでk-106のk-taroくんが入ってくれています。
この日見に来てくれた人も、後日、あのサックスの人のバンド名を教えろ的な問い合わせがきていたので、もう一度言います。k-106です!



続いてこちら、6/25日アバンギルドにて超個人的なアレVSダンサー二人!
はなもとゆか×マツキモエ×public on the mountain

暴力温泉芸者の中原さんや、ゆら帝の人のDJ等が行われたノイズのイベント@アバンギルドにて
普段は舞台とゆうか、なんてゆうんだ、なんちゃらホールとかなんちゃら芸術会館とかでやってはるような人達なんですが、イベントじゃーと作品を15分に濃縮。始めと中盤、暗すぎて写ってなかったのではしょってあります。最後はとても良い曲。
[PR]
by watarukanaya | 2010-07-22 01:07
7/20

なんでかはよくわかんないですが、あんころと呼ばれるおはぎ的なものを土用はあんころといって和菓子屋では7/20日に売り出すとゆう謎の儀式があります。
こういった季節ものはたとえば6月の水無月では、平安時代に氷室にのこった最後の氷を食べる事が一番の贅沢だった事から、四角の氷を半分に割ったあの形のお菓子を食べる事が風習化され、小豆は夏に向けてのパワーの源と、豆の子孫繁栄の願いがあわさっているので、あの時期に食う。とか、秋の月見団子はもち、月見のためなんだけども、今回のあんころにかんしては、全くもって情報がない。謎なのである。
とはゆうものの、普段行くお得意さんになぜか人気があり、よく売れるんである。まあ、おいしいから。とゆうわけで、ものすごいテンションの太陽の下配達をバイク&チャリで回りまくり、午後からも通常の配達がフルラインナップでありてんやわんやしつつ、水だけはのまな死ぬと思い、ビタミンウォーター等を飲みまくっていたら、完全に体の調子がおかしくなりました。
なんかおかしいとおもいながらも、夜にも友達の分の配達があったので、車で出て、さらに、何故かガストに付き合い、固形物など食える気がしない中、黒蜜ゼリーを食し、家にかえったら案の定見事な発熱っぷりを発揮していたが、これは、いったい日射病とかなのか、ただの疲れなのか、よく分からなかった。しんどかった。日記っぽい。

ちなみに、それ以前。18日はばあちゃんの49日のなんてゆうのか、儀式的なものをすませ、近所の仲良しな料亭「ひろた」にて親戚一同会食し、そこで出てきた料理がほんとに気合いのはいった夏の懐石をしてくれはってひとしきり感動した。突き出しとか、もずくとジュンサイなんだけども、器の上に蓮の葉っぱがのっていて、それにかえるの形に切ったきゅうりがのってるねん。んで、食べたら、びっくりするぐらい塩っからいんだけども、その小さいきゅうりくっただけで、夏ばて気味の体がすっとするんです。で、終始そうゆう、すべてに意味があるのであろう料理の数々が。普段いいものくってないからびびった。
ちなみに、冷酒は上京区が誇る酒蔵、佐々木酒造(あの、班長!で有名な佐々木内蔵助の実家)だったそうで、ほんまにうまいらしい。それが、生の竹筒に入って、おちょこも、生の竹ですねん。私、お酒まったくのめないけども、その涼しげな風情だけでもうエエ感じでした。お店は割烹もだしてはって、うちの近くなので、なにか、ちょっとした折ご利用頂けたらと思います。

ほいで、今日。レイニーでスタジオでして、もう、クーラー効き過ぎでどんどん体力が奪われて行く中、今年二度目の頭痛がおきた。たぶん、昨日薬のんでねたからだろう。10時間も。
次のライブは25日。京都で約10年、音楽やってますが初めてでるんだ。京都タクタク。
行った事は何度かあるよ。別にとても素敵だからやりたいとも思った事はないが、絶対あんな所でやりたくないともまったくおもわないまま時がたったので、あれですな、なんか、うれしいですな。よい機会をめぐまれまして。
只キャビがねえんだよな。
初めてといえば、今月号のサンレコ、もとい、サウンド&レコーディングとゆうヒップな雑誌の新しいCDばっかり紹介するコーナーでレイニーのが乗ってます。ダチャンボの上です。
サンレコはいちよう音響とレコーディングの本なので、音楽とゆうよりは、それをとりまく職業とか関わる職業の方向けの専門誌とゆうていやと思いますので、切り口としては、CDでたらこのレコーィングはどうとか、この音質はどないとかそうゆう話の方向性なんですよ。つまり、音楽の為のあれなんですが、目的と手段をはき違えているとゆうかなんとゆうか、ドラムマガジンとかギターマガジンとかもそうですが、もう、紙面で音は伝わらないですから、使っている機材とかそういった話になってくるとゆう、もはや本末転倒的なジャンルの雑誌だと思われます。(その他、マイクの57とゆうのはカッコいい!みたいなのを読者に植え付け、58しか無いですとかゆうと、かえって行くような中学生のスタジオのお客さんがあらわれたりする)
音を紹介とゆうか、楽器や機材にスポットを当てると、そりゃあ、まあ、商売になりまっせ。といった私のような、おたく系の方必読系なんですが、そこんところの本末転倒さ加減をとてもナイスにはき違えたドラムナベジン(レイニーのCDをタワレコで買うとおまけについてくるヨ!)はそういった文化への、アンチテーゼにはならないツッコミだともいますので、是非手に取って頂きたく存じます。
あと、今回の本家リットーミュージックの、サンレコの記事はもう、熱い事が書いてあるので、是非みてください。あの五行ぐらいの文書の熱量は半端やないで。

[PR]
by watarukanaya | 2010-07-21 22:53
7/17

セカストの上鳥羽店が出来てますね。
オープンしたとゆうことで、夜にさくっと行ってきました。なぜなら、熱いのに礼服が長袖しかもってないんだ。18日はばあちゃんの49日なんだ。
で、さくっといってみると、まだまだ、買い取りとかできてなくて、そこらへんのアウトレット流れかと思われるさらの服ばっかり売ってました。今後に期待します。まあ、半袖の白シャツはゲットできました。

さて、昨今、まったく動いている気配をみせなかったドライリバーストリングはプリプロもある程度終了し、本格的にレコーディングに入ります。その前に9月に二回だけライブします。大阪と東京ですが。東京はbedのレコ初で、大阪はまだ未定。

そして、肝心な所は9/18から山梨の小淵沢とゆう所でドライリバー合宿レコーディングにはいります。一週間。toeの美濃さんをエンジニアに迎えて、とても良い空気(らしい)と温泉(あるらしい)の中、テラス(あるらしい)でビール(飲めないけど)みたいな事らしいのです。
そこで!!!こちらをご覧の皆様!!!レンタカー借りて行こうとしてるんですが(距離は東京行くぐらいの感じ!)それでは面白みにかけるので、ついて行ってくれる人募集します。
車お持ち、免許お持ちの方!だれかいませんか?むろん交通費などそこらへんはこちらが用意しますんで、ナウな日本の最先端を走り、サンレコ等でも特集されるレコーディング現場を生で体験しませんか?
気になった方はすぐにメイルプリーズ。
dryriverstring@hotmail.co.jp(かなや直通)


[PR]
by watarukanaya | 2010-07-18 10:11
7/16

新風館にてマイラバのフリーライブがあったので行ったものの、電車で隣の人がヘッドホンやけに音漏れしてますヤン!ぐらいの音量のいつもの感じで、その、祇園祭やし無礼講やん!とか、マイラバやし別格やん!といった感じはまったくなかった。
ある意味、平等だが、まさかの盛り上がらなさで5曲ぐらいで終った。せめてカラオケ系ならいいものを、アコギと鉄琴とかものすごいアコースティックな楽器で望まれても、聞こえるわけないっちゅうねん。まさに、平等主義者の新風館と、アコースティックセットで行きましょうと決めた人達と、本人らのバランスとゆうか、アレがうまくいかなかった結果、客がまったく楽しめなかったとゆう残念な例。
無料なんですけども。
会場はコーラ只で配ったり、もろこし200円とか、祇園祭の物価からしたら半額ぐらいの祭りをやっていて、協賛の旅行会社のおっちゃんとかが張り切っていて、とてもいい雰囲気だった。

最近、アコースティック系はしょぼい音響で、バンドはデカイ音響でみたいな風潮がありますが、そりゃあ、チャンネル数とか考えるとそうやねんけども、アコースティックの方が完全にPAに頼るんだから、そこの所、逆にしてほしいと思うねん。客で行くと。
ロケッツで朝焼けさんみたらみんなもそう思ってくれるはず。


[PR]
by watarukanaya | 2010-07-18 09:43
7/15

祇園祭りであったな。

夕方から大雨がふりだしたので、どうかとおもったが、8時ぐらいに行くとさっくり人ごみはあった。
只、例年に比べ、まあ、すいている感じだったので、普段見ない矛等を見る。

食べたもの
去年からハマっている中華料理屋の唐揚げ、水餃子。
台湾式のかき氷
フランクフルト
はしまき
フローイングでいったんコーヒー
回転焼き
冷やしキュウリ
五平餅

だんだん、食べるものが決まって来ている感じ。
毎年変わらないものと変わって行くものがある。
去年、はやりだした、冷やしキュウリはもはや、浅漬けではなく、みそつけて食えみたいなノリになっていたり、インド人が「これ、ナンでしょう〜ナンやで〜」とゆうギャグを覚えていたりした。


[PR]
by watarukanaya | 2010-07-16 17:57