<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
4/28 the noナイスなライブと悪魔の天丼

the noがツアーでラスト前京都イベントとゆうことで、アバンギルドに行ったんだ。
で、さくっとメシ食いに行こうと途中急ぎで食べにいったんです。
友達のそば屋が八坂前にあるから、歩くと結構遠い感じで急いだものの、なぜか臨時で休みで、一緒にいた松木氏はどうしても天丼が食いたいといっていて、私は、ほなそば屋やなーとおもって、完全に冷たいそばを食うモードに入っていたにもかかわらず。
とゆうことで、とにかくそば屋を探し、ちなみに天ぷら屋さんの天丼は2500円とゆうのは見つけたのだけれども、このような日常的な一日の晩御飯の値段じゃねえとあきらめ、そば屋を探す。
木屋町まで戻り、木屋町とポント町の間にあるところを見つけ、さらにみよし(ラーメン屋じゃなくてな)とゆう所が、昭和元年創業とかかいてあったから、どちらか迷ったあげく、この日を逃したら一生いかなそうな、みよしとゆう木屋町の川のフチにある所にいったのです。
で、じいちゃんとばあちゃんがやっている店なんだけども、(自家製)と書かれていた800円の天丼の上には、あの、スーパーの100円のお惣菜でももうちょっとましな感じでっせとゆう感じのエビが二匹横たわって、何故か真ん中らへんだけ、味の無いタレがかかったもんだった。
恐怖的な見た目に普段、食べ物を残すとかあり得へんとゆう教育の上に行きている私でも、なんぼ何でもそれは、まあ、残そうと思うようなもんだった。ちなみに、私は冷やしぶっかけソバをくったが、99ショップ以下の出汁の味だった。
松木氏が泣きそうなので、一個前に見つけた店にいったらいいやんと無理矢理連れて行き、入ったものの、1300円の天丼は、作っている時も油であげる音してるし、見た目も衣がなんてゆうか、パリっとしてるいい感じだったんだけども、何故か外人ばっかりで繁盛する店で、この味はあれやな、一緒やなって感じだった。エビは立派だったけど。ちなみに、また私はぶっかけソバ750円をくったが、一緒ぐらいの味なうえに脂っこい天かす(冷たいそばに油物を入れてほしくない趣味)がかかっていたので残念だったぐらい。
只、お茶下さいーっっていったら、温かいお茶を急須から入れてくれるあたり、そんな傍若無人な残念なお店ではないとおもうんだけども、まあ、木屋町とかポント町とかで、風情ありげな汚い店にはいったら良い事は無いと思います。二回連続で。
そらやる気会ったら掃除するって。
とゆうわけで、結局に二件分会わせたら高い天丼食えたじゃないかとゆうあたりで、本気で泣きかけアバンギルドに戻る。
お腹がいっぱいすぎて気持ち悪くなる。
the noは恐怖の過酷ツアーでワタナベさんまでもが痩せていた。
只、腕の太さは私の足とちょうど同じだった。
ライブは自主企画らしくどんちゃん騒ぎで、kissもwhat`s is LOVE? もしなかったけども、なぜかブランキーのべいびーべいびーをやったアンコール。

[PR]
by watarukanaya | 2010-04-29 10:18
4/23〜

記憶が曖昧
4/23
日常。

4/24
チィンホイッスルを買う。
ここの所、四条らへんにお買い物ーとか全くいっていなかったので、通りかかったついでにコイズミ楽器にてずっとまよっていたのを購入。といっても1280円。フルーットっぽいリコーダーの音がする。3オクターブでる。只、Dから始まるアイリッシュ仕様。
嬉しすぎて歩きながら吹いていたら、変な空気になった。
夜、アトリエ劇研とゆうアンニュイな劇場で、実験的な作品30分のを3つ上映とゆうのを見に行く。1500円。結果、一ッこ一個みたら、オモシロそうなもんが、短く区切られ、しかも、休憩もほとんどないし、脳がパンクしただけだった。しかもおもしろかったやつに一人3票投票して一票につき、100円カンパニーに寄付されるとゆうオモシロくない企画。(80回近く続いているそうだが、、つまり1200円が劇場と運営側の取り分である。)そうゆうの嫌い。でも、出てる人らはおもしろかって、ダンス〜テキスト系演劇〜大阪のおもろい劇、それぞれナイスやっただけに、こうゆうのが、普通に僕らが気楽に払えるお金で見る事が出来て、カンパニー側も気楽に公演を打てる世の中が来てほしい。とゆうか、僕たちは貴方達の味方です的な顔をしている劇場とかが今のシステムに乗っかって営業しているからオモシロくなくなるんだと思うな。1200円とりすぎちゃうの?と思うわけじゃなくて、そんだけお金がかかってしまっている状態が不味いでしょ。
と、昨今、かなり何事も批判的に見るようになっているのは仕事のつかれだと思う。
とにかく、良くない嫌な気分とそれなのにオモシロい作品を見て脳がパンクする。
あんまりうまくしゃべれない状態のまま帰る。
お腹がすいていて結構な時間だったが、千本丸太町のラーメンしゃかりきへ。
なんとなく味変わったような気もするが、こちらはつけ麺で有名なんだけども、普通のラーメンも麺が、びっくりする程つるつるでおいしいと思います。
料理が出てくるまでの待ち時間の耐え難さは、コレを我慢できるぐらいなら、タバコ我慢なんか余裕やなと思う。スープも飲み干す。腹壊す。

4/25
夕方から休みをもらいばあちゃんが入院している病院に。とってもメトロの近くであったりする。
で、一人でメトロで果たして知っている人とかいるやろかと思ったものの、早速入り口で東京に行ったはず(一時帰ってきてたらしい)田村氏akaシャンティ×3をみつけて、(そういえば、こないだ、明日から東京いくなら飲めよ!みたいなお別れをしたばっかりだった)テンションがあがる。ちょっと話し込んでしまい、スタート時間になってから入ろうとしたら、入り口めっちゃ並んでいてbedを数曲見逃してしまった。只、もう、俺はサマーソニックとか行った、楽しかったみたいな気分になった。凄かった。
だいたい同い年ぐらいやとおもうんやけども、そうゆう人達が、この年になって(失礼)めっちゃ凄いどんどん凄くなっているとゆうのはなんか、嬉しかったのだ。
で、最強バンドになっているフルードは先月見た時はテンション上がりすぎてあんまり聞いていなかったが、新しいアルバムに入るであろう曲とか凄いよかった。私、何を隠そう、ずーーーっとやりたいバンド像があって、ずーーーっとあっためていたんやけども、この日のフルード見てなんか、それはもういいや、フルードいるし、と思った。
んで、doppoも同い年ぐらいなんだけども、なんか引っ越しとか仕事とか、そうゆう自己家庭的要因がどんどんアタックしてくる年頃なんやけども、そうゆうの、ものともせず、突っ切っているのは素敵だった。満員のお客さんが真剣にちくわの歌聞いている光景は異様だった。ただそれが起こりえる空気をもっていた。
明日から仕事頑張ろうと思って帰る。
が、友達から電話があり、このタイミングでお菓子を配達、そのまま、龍門三条店でお腹いっぱいになる。痩せない。

4/26
少し寝坊。日中とても忙しくすごす。
先月まで、自室で仕事していたので、なんか、思いついたり、思いつかなかったりしても、
すぐにギターを弾ける状態にあったが、今、実家の居間でやっているので(テレビも音楽も禁止だよ)脳の中で完結するまで練れる。
んで、がまんできなくなって、走って部屋に行く感じ。
そして、深夜一時、我慢できなくなってスタジオに行く。
昨今、パワーアップ計画でどうにかこうにか、なんかどうにかしなければ!と使命感ににた気持ちで行動するものの、それは、結局の所、なんか楽しい音楽を作るとかゆう生産的な行為よりもぜんぜん楽しくない事だけは分かったスタジオ。もうちゅっと温かくなったら、山に行こう。ポータブル電源みたいなん買って爆音でやろう。
睡眠時間が削られた。

[PR]
by watarukanaya | 2010-04-27 17:15
4/19〜

4/19
前日の大阪が尾をヒキ、夕方まで寝てしまう。
最近、寝付きがめちゃくちゃ悪い(足首より下が熱くて気持ち悪い。)
のにぜーんぜん起きれないとゆうか、目覚ましが憎い。
夜、九州旅行で買って着たモツ鍋のもとでナベパーティー。松木家にて。
ちなみに、モツのおいしい店は丸太町を千本こえて少しの南側にあるお肉屋さんがホルモン専門店で、選んでくださいーといったら、焼き肉用なら、ぐちゃぐちゃに混ぜてタレに絡めてくれるような所。
500g。五人でカン食。
夜中、お菓子を買いにきてくれた友達とびっくりドンキーでお茶する。最近、夜までやっている店で、お酒系じゃないところとゆう条件に、車泊めれるとゆうのがくわわったので、なかなかいままで行っていた,ナイスなカフェに行けない。びっくりトンキーのスタンプはたまるたまる。

4/20
寝起きが悪い。
夜、いとことそのルームメイト、家の姉をドンキホーテに連れて行く。
あとは、特にない。
ある曲の後半がどうしてもしっくりこなくて、ずーーーーっと考える。

4/21
少し、寝起きが回復。
実家が休みでお手伝いもあんまりない、しかし、留守番しないと行けないとゆうことで、ずっと仕事する。

普段の倍ぐらい儲かる。
この日、松尾橋あたりで、バーベキュー大会がもようされていたようだが、まったくもって行けなかった。。。
思いつきたい曲の後半が、おもいつかないので、一旦、忘れようとする。
夕方、さくっと、店の商品写真をとる。手慣れてきていて、15分で完了。

4/22
雨。無理矢理に早起き。
配達などが全部車になるので、めんどくさい。
配達と、家族の送り迎えとご家事。
家のチラシのデータを制作。
今日は、時間のワリにあんまり儲からんかった。

それにしても、上のスケジュールをみてもらったらわかるんですが、レイニーもドライリバーもぜーんぜんライブがないんですわな。
レイニーは五月休みやし、ドラリバーはレコ中やし。
忘れないでーーーーーーー
で、ドライリバーの方は、家でひっそり、新曲のアレンジ等を頑張ろうとして見て見たりするんだけども、レイニーの方は、どうしよっかなと。
せっかくひと月あいているので、ガラっとパワーアップしたいんですが、
ここの所、いい具合に機材もそろい、アンプ買って、ギター買って、エフェクター入れ替えして、パワーサプライも買って、あげくの果てに、ストラップまで変えたので、もう、パワーアップする所が無くなってしまった。
なんでもいいから落札したい。
とゆうのは、まあ、ほかのもの(夏に向けてtシャツとか、、)にして、ここまできてしまったら、もう、最後の手段で、弾く本人をパワーアップさせないといけないとゆう所まできてしまったと思うんだわ。
だから、今日から、まず、タバコの本数を半分ぐらいにしています。健康の為。
今からジョギングします。健康の為。
18日のライブ終った瞬間げほげほなったから、どうにかしとこうと思います。

[PR]
by watarukanaya | 2010-04-22 22:38
4/18

朝から中崎町の干川家にてプリプロ作業。
おしゃれなズボンをはいて行ったら、ベルトを忘れたので借りる。
プリプロで軽く録音しているんだけども、どうやら、カホン叩いているとき、腕とズボンがすれている音が入ってしまうらしい。本番までに半ズボンを買わなければ。

だいたい走って梅田まで行き、地下鉄にのって、難波へ。
ロケッツのホームページで見た、ロケッツへの行き方がわけわからんくて迷い、結果、走って到着すると、エントランすでワタナベさんが寝ていてセーフ。
リハも案の定押しぎみ、が、ロケッツのナイス音響。凄いロックな感じになっている。
シゼンカイノオキタの新曲がヤバい。

予定の所にも書いていたように、この日はロケッツ救済イベントとゆうていでおこなわれている。
首謀者のせっちゃんもいっているように、われわれのようなインディーバンドがあつまって救済とかそんな事ができるわけがないのは分かっていると、小さな事でも行動をおこさないとなにもかわらないの!みたいなアニメちっくな感動物語でもない、だれも涙を流さない、只、なんとなく、なんかしないととせっちゃんの元にあつまり、ライブをしました。みんな楽しそうやった。
なんやろう、私は、そんなもん、人んお事まで考えているほど余裕はないし、得にライブ中なんか、なんも考えてないけど、まあ、それでいいなら、どこでもオッケイです。

しかし、最近、生活に追われすぎて、ソリッドな感覚とゆうか、目のつけどころがシャープな感じがどうもなじんでいないとゆうか、3年前はカマを振り回すといわれても違和感無い感じだったのに、どうも、こう、丸くなっているなとおもって、どうにか、ソリッドな感覚を取り戻したいと思います。修行の旅にでよう。

ちなみに、レイニーは五月まったくライブなしとゆう事実が発覚しまして、四人なってからまだ見てないわーみたいな方は残念勝手下さい。んで、6月は大阪に四回ぐらい行くかもしれない。

最近、東京に行き過ぎで、家を出発した時間も個人的にはおんなじぐらい。
なのに、2時間もかからへんし、東京やったら、高速代とか高いのに大阪やったら、安いし、ガソリン代もそんなにかからないらしいし、駐車場代も安いし。
ライブ終って10時ぐらいで、打ち上げして0時ぐらい。だらだらして2時ぐらいで、だいたいいっつもステーキくって4時に高速のって帰る的な感覚だったので、三時半に京都に帰ってきた時はななんか不思議な感覚だった。
あと、ちなみに、打ち上げでは、松井さんが王将を大量に買ってくるとゆう英雄っぷりを発揮し、いきなり王将(ふつう王将いって頼んで、とかすると王将を食べる準備を脳がするやん)は半端無くおいしかった。あと、ちなみに、外人みたいな顔の松井くんのバンドは外人みたいなバンドだった。

[PR]
by watarukanaya | 2010-04-19 18:47
4/15

もはや日常が思い出せなくなっているが
4/15
北堀江でライブだった。とにかく七味唐辛子を一気飲みする人がギター弾いたらサンタナみたいだった。あと、ロンゲが多かった。北堀江。おしゃれタウンにふさわしく、みんなおしゃれでした。
ちなみに、私はおっちょこちょいさんであるとゆうことを証明しつくした感じの一日だった。
昨日のアダブター事件に続き、ロッテリアってロッテのカフェテリアやからロッテであるとゆう事柄について「ロッテリアの親会社はどこでしょうか?」と問うたらよいものの、「あんなー。ロッテって、、」と言ってしまううっかり、そのまま歩いていて北堀江で溝にハマるうっかり、アンコールでギターの音が出なくなるうっかり、ついでに、浜田のメガネを踏んで粉砕するうっかりを起こしました。すいませんでした。
写真は、イベントをやる事にうっかりなってしまい、2キロやせている主催者とチラシです。うっかり来てください。タイムテーブルでてたのではります。
詳細は
http://sea2coo.jugem.jp/?eid=6
にて、ロケッツのホームページが動いてないのであしからず!(この辺も末期の予感!!!)
17:00  オープン
17:30〜 シゼンカイノオキテ
18:15〜 nayuta
19:00〜 neonsign
19:45〜 Orange Stones
20:30〜 Lainy J Groove
21:15〜 monohoxon
カレーも出るそうです浜田が。なんか、お菓子とか買って行こう。


c0180320_15581921.jpg

[PR]
by watarukanaya | 2010-04-16 15:58
4/7〜

4/7
朝まで打ち上がっていたのげ死んだように眠る。とゆうか、完全にぶり返している風邪。
ひたすら寝る。

4/8
寝過ぎで頭が痛くなる。普段、あんまり頭痛ちゅうもんにならんので、この頭の右側だけが異常にガンガンする状態になれていないため、へんな姿勢で歩く。
しかも早起きし、ばあちゃんを病院につれていくとゆうミッション。
大学病院でさんざんまたされ、頭痛をかかえ、帰りのタクシーは、二人で終始無言で倒れていた。

このままじゃいかんとおもい、親知らずがはれた以来にバファリン的なものを飲むと、普段のまんもんやから速攻で痛みはさっていった。戦いの午前中がアホみたいに。

夕方、大阪へ。
contoraredeからみとゆうこともありメデスキーを見に行く。
松木氏とふくちゃんと。私は全然しらんかったんやけどもなんか、思っていた感じではなかった。がっつりしていて、んなもん立って踊りながらみるもんではないよなーと思った。あと、風邪のぶり返しでしんどかったのもある。
何故か後半、ふくちゃんがしらない人としゃべりだして、(よく知らない人としゃべる人であるが)結果、米子の人達でバンドもしてはって、今度遊びましょう的なのりになっていた。実現すればかなり幸せな構想が練られていた。魚おいしいんだって。
あと、アンコールでジミヘンやってて、それが、まあ、そりゃかっこよかったさ。
終ってみてなんとなく満足したものの、押しまくりで、終電を逃す。阪急の。
とりあえず梅田まではきたので、大阪からJRにのる。
んで、京都駅の近くの第一アサヒにいきたかったのに定休日。
しかたがないので、バイクとめていた四条大宮までみんなでタクシーにのり、その間に近隣に住む人3人に電話し、そのうちの二人とともに、龍門へ。三条店に行く事がおおかったので、又味が違っていて楽しい。
あと、新メニューがかなり登場していた。豚肉の塩味炒めがうまかった。

4/9
必至な感じで働いていると昨日電話した3人の内、来なかった人から「風呂屋いこうや」と。
せっかくなので、スーパー銭湯にいってみようと検索してみたら、壬生にあったので、言ってみる。結果、普通の銭湯の方がまあマシやなって所でした。700円もするし。だいたい、風呂の扉を開けた瞬間、プールの匂いがしましたもん。
ちなみに醍醐にある所はバリをイメージした内容なそうなので、今度はそっち言ってみようと思う。

4/10
昼間、仕事しながら、考え事の為に曲を聞いていると、父にほんまにやめて下さい的な事をいわれたので、私はあれですか、今の生活に音楽聞くタイミングないやんけ!と思い、iPodでも買おうかなと思う。シャッフル。ヤフオクで3000円ぐらいか。んで、電池で動くスピーカーで車で聞こうと思う。(カーステはもとより、シガーソケットさえ無い業務用のカーなので)
昼間、配達が二件あり、岡崎の方と千本今出川の方に行く。いい天気で、観光地なんで、桜もわんさか咲いて、観光客もわんさかいた。岡崎のそば屋とうどん屋は人がならんでいた。龍門はまあ、カンコドリーな感じではないぐらいだった。龍門おいしいのに。

晩御飯に冷しゃぶを作ったら、家族全員がメシいらねえよとなったので、松木氏と御所の桜の下で食う。お皿にラップして持って行った。
ご飯が温かいうちにつきたかったが、さめてしまい、冷しゃぶはもともと冷やし、お茶も冷たいのやったし、体も冷えた。桜は暗くてあんまり見えなかった。
寒いので速攻で帰り、お見舞い流れのマスクメロンを丸々一個フルーツポンチにしてやり、食ってやった。(家族全員あんまりメロンすきじゃないとかゆうし。)

夜中、やっぱりワーミーが欲しくなるが、二万ってちょっとなーとなりまたもやあきらめる。最近食費もかさむし。

[PR]
by watarukanaya | 2010-04-11 03:53
4/6〜toe京都〜

4/6
熱はないのに風邪が直った感じがしない。
朝、なに食っても味がしない鼻づまりの中、うどんを食って、薬を飲みまくり、再び寝る。
飲み過ぎで、手が震えた。
夕方四時、起床。五時出発。六時からリハ。
家からメトロはタクシーで740円ぐらいである。
扉をあけるとtoeの曲が聞こえた。bigcatより、o-eastより、直接、でっかい音が聞こえる。
ドライリバーリハ。さっくり。
すぐに七時のオープン時間。いそいで荷物を片付ける。
とりあえずオープンまでにする事。ショコラBBのんでおくとか、ビデオを頼むとか、物販を広げるとかその他もろもろ。
で、ちょっと休憩。toeとドライリバーだけでもメトロの楽屋はごった返すんである。
テーブルの上にはビールとかユンケルとかエナジードリンクとかウイスキーとか。
一階の99ショップにタバコ買いに行ったりすると、長蛇の列が一階まで伸びている。
とはいっても250人。結果的にフロアに入りきれるぐらいの人数でソールドアウトにした今回の英断がいかにナイスだった事か。フロアはすし詰めでも、エントランスやトイレ前は余裕があり、まあ、さほどにしんどくなく楽しんで頂けたんじゃなかろうか。
toeのツアーの大阪、東京と見に行っている分、あれをゆっくり体感してほしいですよとゆう気持ちになります。
7:30、干川さんより、今、四条河原町です。
とメール。
急いで下さいーと返すと「インストでやっといてください」
と。
結果、ちょうど、入り口の混雑もあって、7:40分、ステージ脇に集合している時、間に合う。
最前列の人まで1メートルぐらいしかない感じの中、5曲。ほんとうはもう少しやろうかと話していたものの、みんなはぎゅうぎゅうになって立っているので、コレぐらいで。

すいませんすいませんと一旦人をかき分けて楽屋に戻る。
早めなつもりだったが、早くも倒れている人がいた。北海道から来たんです的な。
そんな感じだったので、toeのセッティングがだいぶ押す。
スタッフの人が汗ダクで用意できましたーとよびにきたのは30分ぐらいたってからだった。

流石に人が入ると、エントランスまで音は飛んできていなかったけど、フロアにいるとナイスな音響。アンプの生音とか、ああ、こうゆう音なってんねんやーってしっかり分かるぐらい。
セット的にはほかのリリースツアーよりも少し短かったけども、内容と密度の濃いー感じだったと思われる。干川さん参加の曲も、三回目の演奏で一番ナイスな感じやったし、アルバムの曲もバッシリいい感じに仕上がっていたしアンコールのグッドバイで、お客さんも納得したんじゃないだろうかと思います。楽しかったー。

toeTシャツを支給されたので、終演後、物販手伝おうと思って行ってみると、素人が手を出せる感じではなかった。ので、結局役立たずな感じのままぶらぶらする。
その、ぶらぶらがよかったね。なんか、みんなが楽しかったね!的な感じで帰って行くから嬉しかったね。

実はtoeとかmouse on the keys関係の方が京都に来ると、絶対に龍門に行くとゆうジンクス的な思い込みがあるので、ここひと月ぐらい、ずーーーっと龍門食べに行くのを我慢していたんだ。
にも関わらず、大人達の事情で、ほな打ち上げは近くで御願いします。的な流れになりザックバランに。いつも行く時より人数が少なかったのもあって、ご飯もポンポン出てきたし、お腹減った死ぬ的な感情を抱えたままずっと過ごす事は無かったので、まあ、よかったけども、龍門食いたかった。
平日なので二時に軽くお開き。只、(4/2日にウーララにてレイニーで対バンしたstimでもある)ケイサクさんは、3日名古屋、4日大阪、5日京都に前乗り、と連日飲みまくっているがため、まだまだ行きましょうよな勢い。お店もあんまりやっていないけども、とてもいい陽気なので、コンビニでビール買ってな流れ。
その後4時間に渡り、大学時代から今までのオモシロエピソードと業界裏話、トイレ行く時にもネタを忘れないその有り余るサービス精神に笑い疲れさせられました。芸ですよ。

とゆうわけで、無事に終了しました。心配かけたかたがた申し訳ありません。
そもそも、この話はキウイとドライリバーがメトロでオーウェンとライブした日に、盛り上がりまくって決まった話で、toeのnewアルバムがあまりにもかっちょええとゆう話と、メトロジャックさんのツアーで京都を外してほしくないとゆう意地が発端で、最終的に(チケット買えなかった人はごめんですが)来た人が、まあまあの余裕をもってtoeが楽しめただろうからよかっただろうと。あと、もう一つは、地元のバンドがおんなじぐらいの年月、音楽に携わってきた人達(up and comingの企画でtoeとフルードとでウーララでライブしていたらしいし。)もいるんだよとゆう事を若い(俺もそんなんしらんし)人にもしってもらってもそんは無いとゆう発想。だからワンマンじゃなくて私らもでた。んで、そうゆう熱い企画をホンマに実現してしまうジャックさんと、それおもろいですやん!とゆってくれる周りの人達と、やってきてくれるtoeの人達と、まったくもって凄いええなと、バンドってええなーと。
末席ながら、企画に関わった物としては、関われて最高だったと思います。
最高だー。

[PR]
by watarukanaya | 2010-04-08 03:22
4/3〜

4/3
まあ、休みでもないのに、前の日夜中まで遊ぶのはどうもダメです。と、おもいきや、昨日の打ち上げもおもしろかった。stimの人達は打ち上げでも貫禄が違った。
で、朝から働く。どうにか夕方があちゃんのお見舞いへ。原因不明すぎて違う病院に検査に行く事が決定。木曜日。診察が朝の9:30からだから、七時半起きかい!となる。早いよね。病院。

4/4
大阪に行く予定であったものの、どうも、体調が悪い。
朝から体がだるーい感じ。
熱はないのでインフルではないだろう。天神川でthe no古口さん家恒例フライパン花見が催される。
ちょろっと行く。シライくんが天才的な酔っぱらいっぷりを発揮していた。みんな、こうゆうハッピーな酔っぱらいだと日本は幸せだと思う。フライパンで焼いたピザが奇跡のおいしさだった。

落札していたストラップが届く。去年の末に見に行ったハードコア祭りで大阪のバンドのベースの人がしていたストラップがシャレオツだったので、あんなん無いんかいな?とおもっていたら、見つけてしまったので。届いてみると、思っていたよりだいぶ大げさだった。これは、体に似合わないかもしれない。

4/5
朝、スタジオだとおもって西院まで行く。全然休みだった。
しかたないので、家に帰り、昼飯の用意。午後、おまんじゅうを400個パックした所でダウン。
寝る。

ちなみに明日のtoeメトロの公演ですが、ローソンチケットは売り切れだそうで、チケットぴあの方にちょっとあるらしいとゆう未確認情報が。
あと、当日チケットもあったりなかったりするそうなので、メトロに問い合わせ御願いします。
ちなみに、ニュースによると、明日がモストナイスお花見日和でして、鴨川沿いも完全に満開であろうとゆうことです。とはいっても夜は寒いのでメトロにいったらいいじゃないかとゆことでどうぞ宜しくお願いします。
dry river stringはこれをもって、夏までレコーディング休暇に入りますので、お見逃し無く。

[PR]
by watarukanaya | 2010-04-05 21:04
4/2〜stim京都〜

前夜、ある込み入った電話があり、びっくりしすぎて寝れない。
んな中、朝から桜シーズンの週末に向けて実家がてんやわんや状態。
昼ご飯作って、食って片付けて、機材をおいているスタジオに行くと、同じく、stim用鍵盤を仮に来ていたカナザワさんがいた。知っている人が沢山いると、とても、ナチュラルハイになります。

で、この日はウーララ。めったにやらない所なんですが、stim来京の日程にアワセ。
リハが一発目だったのでゆっくりするも、キャビがメサブギーの古いやつがあるからいいやーとおもってもって行かなかったら、めちゃ使いにくかった。音がでか過ぎる。キンキンゆう。

一旦帰宅。お菓子を450個袋につめる作業。
6:30分、スタートギリギリにウーララに戻り、low-oassを見る。毎度、ファーストは名盤だ的な事を言っておりますが、3人になって昔の曲もやりまっせとゆう具合のイキなはからい。お客さんも沢山いた。middle9は先週に引き続き。雰囲気ものになりがちな構成のバンドなのにやっぱりどんどんメロが飛び込んでくるので、やっぱり、どう考えてもカッコいいと思います。もう何年も前から実は知っていたりいろんな所であったりするのに初めて一緒にレイニーでやりました。いちようバンドやってはいたけども、、、みたいな年の時から見に行っているので、ねぇ。

んで、持ち時間も長かったので、レイニーも一曲多めに。多めといっても、一曲が7分ぐらいあるのがつねなので、体力的に行けるかとおもいましたが、二曲目ぐらいである意味ばてたので、逆によしとしましょう。リハからおもっていたが、案の定、キャビが違うととてもやりにくい事にやっと気がついた。あと、ステージが凸字型なので、なんか変にセンターにいるみたいな立ち位置になってしまい、どっち向いてやったらいいのかよう分からんようになった。

で、stimですよ。リハ見てなかったので全くそうなる事か知らずに見てましたら、もう、登場で盛り上がり、一曲目おわったらシーンとするような、衝撃的なバンドでした。神々の遊び的な。
でも、二曲目からは、盛り上がる所もありつつも、やはりストイッくな曲が続き、ベースが譜面で現せない系の音の途切れだけで見せるぜとゆう、とても渋い私の好きなスタイルで、ドラムとパーカションの絡みはもはや意味不明で、ぜーんぜん分析できない感じに圧倒されました。
mcで「大丈夫ですか?難しくないですか?」とゆうたはった時「大ジョブー!」みたいな歓声が沸いていたけども、私はね、そりゃ難しいと思いましたよ。これこれこうだから素敵だと思いますと明覚に言えない。只、只、衝撃的で刺激的でした。

時間は余裕をもって組まれていたんだけども、結局、10:30分ぐらいまでなってしまい、アンコールも出来ずに終了。気がつくと、足が棒になっていた。

打ち上げはタンブリンダイスに無理矢理入ったものの、おちゃんが一人とバイトが一人の店で打ち上げは無理だ。只、stimな方々はメシが無くとも大丈夫系、酒飲みだったので、グワーと飲んで、騒いで帰って行かれた。次の日が名古屋、4/4は大阪サンスイにてライブあります。
ちなみに、アイチューンとかが主流なこの時代に手売りと、仲の良いレコ屋のみでの販売とゆう形式をとってはります。私の育った京都のバンド界隈では良くある話なんだけども、多分、東京の人がそんなんするのは、アエテ!な感覚で、もはやスタイリッシュな遊び!とゆう側面を押し出した感じの結果であると思いますが、その、遊びでっせ!楽しんでなりましょうよ!的な活動にとてもいいなーと思いました。どうも。
あと、同じくへろへろのカナザワさんにlow-passの話を色々する。いやーここだけの話、、とゆうと、それもう4回ぐらいされてるでーと言われた。
翌日休みでもないのに夜中二時半までへろへろでいてしまう。機材を戻しに行ったりする気力を失い、早退させてもらう。ごめんなさい。
帰ってダウン。お風呂で口ずさむのはmiddle9だった。いいイベントでした。

[PR]
by watarukanaya | 2010-04-04 09:40
3/29〜4月

3/29
とりあえず、東京行きが過去最高につらかった。体力的に。やっぱり、前の日徹夜、行きしなの車で睡眠とかすると、へろへろになります。あと、完全にうなされていたため、しゃちほこ状態で寝ていて腰が痛くなった。2、3日直らない。
3/30、3/31
三月って31日まであったんかとも思うものの、ほとんど記憶が無い。毎日、ばあちゃんおお見舞いに病院に行く。お見舞いに行くとゆう人(近所のおばちゃんとか、長野の親戚とかさ、、)を車で連れて行くとゆう感じ。病院がね、遠いんだ。
あと、恐怖の桜の季節がやってきて、各自うきあしだっているとみえて、お土産物とお供え物、記念もの、季節もので実家の和菓子が売れるんである。したがって、ものすごい睡眠時間を削る。

4/1
いとこが大学の入学式。
軽音とかはいろっかなーみたいな事を言っている。ドラムをするそうだ。

とゆうわけで、春の忙しい時期満開な感じですが、ライブです。
春うららな4/2日、雨もやむし、stimが京都にやってきます。
ウーララにて。
六時半スタートです。レイニーは3番目なんで、ちょっとぐらい遅れても大丈夫なんですが、この日、3人のバンドとして、再出発するlow-passが一発目なので、どうしても、これは、みなさまにも目撃して頂きたく存じます。
よろしく。


[PR]
by watarukanaya | 2010-04-02 12:06