<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
2月後半

すっかり、届こうってしまいましたが、元気です。時系列適当で。
東京行ってきました。
渋谷ホームとゆう所でライブしました。たこ焼きにデスソースが入っていて、その後三日間腹痛に悩みました。食べ物で遊ぶのはとてもいや。ご飯はおいしく食べないといや。
帰り工事渋滞で、二時間以上動けませんでした。日本坂とゆうサービスエリアはおかずとか静岡おでんがうっていて、レストラン的な所でご飯だけたのんで食べられます。500円ぐらいでお腹いっぱい!
あと、石井君の家に泊めてもらった。男子四人で一軒家に住んでいる。 雪崩とゆうバンドを最近始めたらしい。聞かしてもらったが、前にやっていたバンドと延長線上な感じで懐かしくてグッときた。未だ高速ドラム健在。嬉しかった。対バンしたい。こうゆうの楽しみが欲しいわ。

家に帰ってきたら、引き続き、父が煮タマゴを作るのにハマっていた。
ソクラテスで昔からしっているバンドのPAをした。さすがの一言であった。何もする事が無い。

スーの廊下にメトロのマンスリーがはってあって、自分のライブが決まっていた事を知る。

夜中にラーメンを食べにドライブみたいな事をした。夜は走りやすい。

大雨の中姉を京都駅まで送ったり迎えに行ったりする。完全に道路の線が見えないんだけども、みんなどうやって走っているのか謎すぎた。

造形大学の卒業展に行く。オモシロい作品が沢山あった。ガラス張りのフィッティングルームで床が液晶になっている作品の中に入れるやつはそら入ってオモシロかった。ジャネットとマイケルのPVみたいな感じ。

サウンドハウスに注文しているギターの弦が全然届かない。ひと月以上たつのに。
しかたないので楽器屋で買う。レジでおもわず「すごいよかったです!」とゆうと変な顔されたが、前に着た時に色々きいてその店員さんオススメのをかったんだよ。

明日は朝から州浜団子を作るミッションが入った。8時に起きる。

三月はレイニーで三回東京に行きます。
打って変わってドライリバーは貴重な京都が二回。あと4/6にイベント決まったよ。

[PR]
by watarukanaya | 2010-02-27 00:47
2/17〜

ゆうた所de三日間ほど記憶がないんです。
2/17はレイニーでスタジオに入った。ワタナベさんが3時間遅刻した。前の日、ハイパーカッコいいパンクバンドであるところのthe Noのレコーディングをしていたようなんだけども、朝の8時までかかったらしい。体をだいじにしてほしいもんですな。あと怪我もしないでほしいね。

とゆうわけで、18.19日は朝八時起き、実家のお手伝い、昼飯用意〜片付け、自分の仕事、昼寝、よるご飯用意から片付け、自分の仕事夜中までとゆう美しい流れで生活を送りました。全身きなこの匂いになりました。
テレビで1000万円返すために昼の仕事と夜の仕事と週末の仕事していた人がやってましたが、こりゃあ、ダブルワークはかなりキツいですよ。
あと、朦朧な意識でパソコンに向かいながら色々考えてたんだけども、先日の東京での会談、マウスオンザキーズな川崎氏の話を思い出すと、まあ、そりゃあ、悩むとゆうか、考えさせられるとゆうか、かなりの影響力をもってやってくる言葉を沢山聞いたなーっと思った。
そもそも、初めてマウスオンザキーズを見たのは、ファーストEPのレコ初ツアーで大阪でクーロンとtoeとやってる所でした。
なんとなく連れられて行ったにも関わらず衝撃的すぎて、物販に並んでCDを買ったら、おまけでインタビューがのっているフリーペーパーみたいなんをもらいました。
んで、そこに書いてあった事が、簡単にすると、「ばーっとジャムって出てきた曲が奇跡的にカッコよかっても、タダの奇跡なので、緻密に構築して音楽を作りたい」的な音楽の神様が降りてくるような天才じゃなくても、すげえかっこいい曲は作れるってゆうような事が書いてあって、それまた、その当時なんとなくホワーっと思っていた事をガッツリ実行に移して成功している人達が目の前に現れてしまうとゆう結果になりました。
んで、もう影響されすぎてピアノとドラムの曲6曲ぐらいつくって、一人でデモレコーディングして、どっかでやろうとしたものの、やっぱもう、曲の集中力が桁違いだったから、あきらめてしまったりしている。
あぁ、こう、形にしてしまっている人の説得力ったらないよねーと思う。そうしなあかんし、そうした方が楽しいよって事だと思う。
知恵熱が出そうな3ッ日間だった。

あと、夜に初めてナウシカを見た。
途中電話とかでちゃんと見てないけども、ナウシカはピンクの服を身代わりの女の子に借りてきてるんですよ。ほんで、最後の方、「青き服を纏った人が金色の草原でうんちゃっちゃ」的な伝説の通りになるんだけども、その黄金の草原ってオウムの触手でした。
で、いつの間に服が青にかわったんやろーってずっと疑問に思い、ナウシカ何度も見ているとゆう松木氏に聞いた所、「あぁ、湖のシーンで虫の体液チョウ浴びてたやん。」とのたまわれ、それって、虫の体液浴びまくって服が染まるぐらいやったら、もちろんの事、体中ベッタベタで、触手がわさわさしている所でうんちゃっちゃって事だと気がつきぞーっとしました。しませんか?
ポニョの方が良かったな。でも一番すきなんは魔女の宅急便でその次が耳を澄ませば。

2/20
偏屈的なまでに、ここに年程同じメーカーのズボンを買い続ける人だったのですが、(ちゅうか、ほんまに、なんでやねん!とゆうほど、ズボンがすぐに破れる体質です。)先月、デッキーズに浮気し、ついにleeを購入してしまった。
Gパンってまあ、丈夫な部類のズボンに入る。
別に特別な思い入れ(おしゃれに関して思う事は、ケビンミトニックとゆう私の中学生時代のヒーローが国家反逆罪で捕まった後、出所してきた時の写真で全身黒スーツでリーボックをはいていたからリーボックが好きとか思うものの、リーボックのカッコいい物はそうそう無い。)が格メーカーにある訳じゃないですけど。
そういえば、こないだ表参道で初めてギャルソンに入ったけども、もっと、いつかギャルソン切れる身分になりたいわ!みたいに思われるような素敵で上品な服を作ってほしいとかってに思いました。どうせ買わんけど。
あと、表参道で飛行機のtシャツ着ているのは私だけだったね。私は目立たないものの、場違いだわ!と思われない妥当なカッコがしたいと望んでいる。後、冬は温かい方がいい。

昼間、久しぶりにソクラテスに行く。とゆうのも、ヘルプ的paに今月入るため、更新された機材の下見に。電源周りが一括化されて、めっちゃ便利になっていただけだった。
ハードコア三昧でしたが、年期の入ったギブソン系ギター使っている人が多かった。
音が特殊とゆうか、雑味のある音してる。タダ、曲始まるまで、クリーンでならしてはる感じを聞いてるとムスタングはやはりギブソン系の音とゆうか、実はシングルコイルとハムバッカーの違いなんてあんまりたいした事なくて、タダ、ブリッジの構造で弦のブリッジ以降のぶぶんが共鳴して雑な音がなるかそうじゃないかだけのような気がしてきた。(最近雑なのが好き。でも、やっぱりガラスの様な音も好き。)

夜、晩御飯の後、実家の和菓子の写真をとる。
とゆうのも、なんか、出品しているデパート的な所からホームページ作るので商品写真送ってね♡(22日までdeath!)みたいなfaxがおくられてきたんだけども、写真の大きさとか縦横比の指定もなんもないし、適当に送ってみる。写真は、なぜか手元にある一眼レフデジカメ(電池消費最強)でしたが、マニュアル的な撮り方を全く知らなかったので、最近近所でカフェを営むカメラ好きの小学校の同級生にちょろっと教えてもらい、商品写真は照明じゃ!と言われ、フォーカスと露光とゆう認識不可能な単語なをネットで調べ調べしたものの、やはりたいした写真はとれなかった。
ちゃんと、デスクライトにコピー用紙をはって間接照明化したりしたんだけども、そもそも、三脚がないのはだいぶ不利でした。写真ってほんまに特殊技能だね。30分調べ調べしただけでは無理っす。

とゆうわけで、明日はレイニーで東京の渋谷、homeとゆうライブハウスにgoします。
近年、よくもまあ、気楽に行けるはと思う程(高速安いし)頻繁に東京に行きますし、実際、東京のライブハウスのマンスリーとか見ていると京都、大阪の知っているバンドが沢山でてますわな。
とゆうような、時代の流れ。
いくら、インターネットで、世界が身近になっても、リアルの距離も縮まりもオモシロいですよね。(三月なんて3回行くんだぜ!でも高速安い週末はー日曜日もー今週と3/28だけデスー)
で、明日は、ハイパーかっっこいいと巷で噂のタラチネとゆうバンドのイベントである。
そして、我がブレーンとゆうと失礼だけども、いっつも素敵ミュージックを紹介してくれる信頼できるスジの方から、明日でるcokuyu好きですとメールが。とゆう事は、巷で噂のバンドとか、あるスジがチックチャックしているバンドとか沢山出るとゆう事は、すなわち、楽しい一日になるだろうとゆう予想が付く事が安易に想像できるだろう。
あーあと、レイニーは東京ではまだやってない新曲とかやります。とゆうか、あれですは、去年は田中ケムル大先生がゲストボーカルで東京いいてましたが、今回からいません。
四人です。
実際には田中先生は付いてきてくれたりするので、田中さんファンは来てくれたら会えますが歌いません。多分。
でも、レイニー見て、田中さんファンになったかたは、安心して下さい。
こっきりと熟れた果実とゆうデュオをやったはったりするので、東京にもいかはると思うので是非チェックのほどを。コレ、今まで、中華とフレンチを融合した意味不明創作料理みたいな楽しい事になっってましたが、お違い、凄い中華と凄いフレンチになって行きましょうとゆう事なので、そう、とても、脂っこくなる事必至。
とゆうことで、なかなか噂になっているレイニー新体制が東京に行きますよ。と言ったところで、ここを見ている東京の人は果たしているだろうかと思いますが、いっつもコメントをくれる新平くんがやっているバンド、ハイパーかっこいいネオニューニューウェーブバンドout at beroが初めての企画を明日京都でやるそうです。
んで、フルードとか出る予定だったものの、キャンセルがでてなにやら逆にもり下がったら、無念の思い(バンドとかやってる人なら分かるっしょ、、)でキャンセルしてしまったバンドに顔向けできんとゆう男だったら無視できんやろ?的な事態になっているとかいないとか、ゆう噂を聞いたので京都在住の魂のある人はメトロに行ったら、凄い盛り上がっていると思う。って、ほんまにまったく部外者ですが、ちょろっと話きいただけですが、なんか、どうにか、こうにか、どうにかしたかったです。僕は。
とゆうことで、やる気を現すtシャツを着て東京にいこうと思います。
しかし、そんな中、明後日は忌まわしきネズミの巣窟、悪魔のファッキンネズミーランドに行くらしい。そうゆう事ゆっている人も行ったらディズニーランドって最高!夢の国さ!ってなるらしい。信じなーい。
すきなキャラはドナルドです。

[PR]
by watarukanaya | 2010-02-21 01:50
2/15後半〜

c0180320_23413827.jpg
2/15
とゆうわけで、夜二時まで打ち上げたあと、小林さん家に泊めて頂く。
猫が二匹いました。写真はあんまり人見知りしない方の猫ガープ。
こう見えて、ものすごく猫が好きです。でも、あんまり猫好きーとか恥ずかしくて言えないじゃないですか。飼ってもいないし。けれども、寝ようとしてたら、隣でニャーとか言われたら、あんた、でれでれしてしまうんです。
夜中二時、猫と就寝(人生初。)

2/16
朝、九時起床。十時出発。普通に朝からお仕事の方の家に泊まるととても迷惑だねと朝気づく。すいません。
で、とりあえず表参道に行きたい所があったので、表参道に。めちゃくちゃ寒いが歩いている人は薄着であった。
朝ご飯とゆうか、ちょうどランチタイムなのでタイ料理屋に入るととっても綺麗な店内で、メイン料理頼んだらカレー含むおかずが食べ放題とゆうとんでもないナイスな店だった。900円でお腹いっぱい。お昼にマウス川崎氏と待ち合わせだったのだが、遅れているとゆうことでこじゃれた喫茶店に入る。カフェ?
メニューみたらボルビックが700円でした。とんでもない。ただ、ケーキセットは1100円だったので、どうせやったらくってみるかと頼んでみるが、二種類ともにお酒の味が強い。
ちなみに、隣の席では、やさしいマダムがすわっていただ全身フェンディーだった。
で、ちょっとしたカルチャーショックを受けながらプラダの前で合流。
ラットホールギャラリーとゆうギャラリーに。
ここで今やっている写真家の人の展示の映像に萌ちゃんが出ているとゆうことで。といっても、仮面(めっちゃリヤル)かぶっているので、あんまりわかんないですけど。
映像はそりゃあもうオモシロかった。あと、写真はほんまにちょっとしか飾ってなかったんやけども、こうゆう世界観さほど好きじゃないねえーって感じだとしても、あきらかにドキっとする強い作品ばっかりでした。
ただね、ギャラリーなんて京都でしか行った事なかったんで、あまりにもの雰囲気の違いにビビりまくりました。とゆうのは、京都やったら、見に来たら作家がいたり、いなくても、なんとなくアットホームな感じ(せめてギャラリーの人がいて挨拶ぐらいするやん)なのだけども、旅行用のでっかいリュックを背負った人とか入ってきても全く無視!ついでに近くにギャルソンがあったので入ってみるも、ものすごい違和感を感じる。ちなみに、そのギャラリーでは作品を販売していたんだけども、ベンツとかよゆうでかえそうな値段。
そりゃああんた買いませんよ。買えませんよ。1000ぐらいはらって美術館行った方がどれだけきもちいいか。タダであるがゆえに肩身の狭い思いをして見ないと行けない。ありゃあ、見に行くための空間ではなかったな。買いにいく人が行くんだよ。

そのご、まあ、せっかくなんでお茶でもしましょうかと、原宿にあるおしゃれぶったカフェに。
なぜか日本史の話とか川崎氏の歴史的話とかをいろいろする。おもしろい授業のようだった。
ちなみに、原宿らへんは、もともと忍者の里的な所だったそうで、そのため、道が入り組んでいるらしい。入り組んでいるから土地も安く、若者向けのテナントが発展したらしい。つまり、竹下通りでクレープ食えるのは忍者のおかげと。
あと、バンド関係の話では、あーーーーーーーと思う事が多々。大人ですな。

川崎氏と分かれ、新幹線で京都に戻る。
京都駅のラーメン村的な所で徳島ラーメンを食う。
ラーメン村的なところってだいたいカスなイメージじゃないですか。只、ここ、肉入りラーメンたのむと普通の牛丼以上のお肉がのっていてご飯に最高。あと、生卵を入れて食うのがオススメとゆうことで生卵がタダでした。私は生卵恐がりなので、やらなかったですが、だいぶうまあそうなんで、まあ、京都駅でメシくわなあかん感じになったら行ってみて下さい。

ちょっと帰りがおそくなったので、へろへろの中夜中まで仕事。ショコラBBを飲んで頑張る。
今月、働いてなさすぎで完全にヤバいです。

[PR]
by watarukanaya | 2010-02-17 23:41
2/15

30分サーバーが動かない。仕事が出来ない。
2/15
朝早起きし、ドライリバー東京に向かう。新幹線で寝るつもりが、あんまり寝れなかった。
渋谷オーネストの向かいオーウェストに3時到着。
完全速過ぎる到着。
とりあえずご飯とゆうことで近所の長崎チャンポンと皿うどんの店に行く。なかなかうまかった。ちょう大盛りに見えるが、まあ、食えた。

で、わざわざ東京に足を運んだのは、toeのツアー@東京を見るため。
先日の大阪を皮切りに始まった訳ですが、あまりにも素敵すぎたため、こりゃあどうしてもモウイッかいゆっくりみとかないとあかんと思い行ってみました。
まあ、始まるまで思いっきりドキドキしましたね。
しかもグッバイで土岐さんヒューチャリングですよ。前からyoutubeでフジロックで行われたライブ映像みていたので、伝説再び!な感じ。
さらに、今度4/2に京都にも来るスティムとゆうバンド(toeでキーボード弾いているケイサクさんがメンバー)のホーン隊とパーカスも参加とゆう、そう、あのアルバムのパラッパラッパパッパラが生で聞けるチャンス。
ゆっくりライブ見れました。とても思いでに残りました。上からみたらプロレスのリングのようなステージ。大阪ではひくかったけども、この日は比較的高い位置にあり、フロアからでも、ちらちら見えました。六曲目にはdryriver干川さんがあの曲歌ってました。ちなみにその後ダッシュで新幹線にのって帰っていきました。(次の日朝4時から仕事)
まあ、そうゆうドタバタドキドキもありー、土岐さんの登場の仕方のかっこよさったらなく、あーええもんみたなと。
いや、同じ時代に生きていてよかったヨ。

終った後は速攻で大阪に戻った干川さんにかわりちょろっと打ち上げに。上記のケイサクさんの奥さんが最近コンテンポラリーダンスをやっているらしく松木氏とずーーーっと話をしていた。

その後、我らがコントラリードの小林さん家にお邪魔させて止めてもらうとゆう事になり、さくっとメシくいますかーとドライリバーレコ発でもお世話になっておりますマウスオンザキーズな方達とともに渋谷駅近くの干物がメインの居酒屋に行く。ここ、何故か店内に川流れている(干物メインなのに)謎な所でした。ターキーあぶり焼き等を食う。あと、みんなお酒メインなので白米と謎に巨大でのこっていたチャーハンを全部食う。
自分が大食いキャラ的なポジショニングにいる事が不思議。

続きは又明日。

[PR]
by watarukanaya | 2010-02-17 00:46
2/12〜

2/12
c0180320_0271887.jpg
とゆうわけで、イバントでした。なんか、今年一発目であり、区切りよくメンバー編成と曲編成等をがらっと変えたのでニュウな感じでのライブ一発目がイベントとゆう。ちなみにタイトルは「ふつうのイベント」とゆう事ですが、レイニー浜ちゃんが命名したんだとおもいますけども、まあ、なんとなく、その思い伝わるだろうか。私も聞いてないので間違ってたらアホですが、もう、普通に楽しくしたらいいんじゃないのとゆう、哲学的な問いかけの発想が根底にあるハズ。
で、紺風少年が解散してしまって、レイニー兄貴的バンドの無い中、イベントするなら新しいバンドで出てやるぜとゆう、男気と心意気。aya oto warld(写真です)実はキーボードで加入しているビバシェリーのさと姉さんとか、しゃべった事はあまりないものの、8年ぐらい前から知っているとゆう、こう、そうゆう邂逅的な事もある。
まあ、そんなこんなで始まり、この日から5人編成なドクロズが、貫禄をみせつつと会場をツッコミ
の嵐とさせ、絶賛レコ発ツアー中のチーナが、どんなバンドか期待する人たちの前で度肝を抜き、一旦大円満的な空気になり、レイニーが出る頃には完全に出来上がっている感じでした。
二曲やって、佐々木くんにキーボード参加してもらう曲をやって(帽子投げるとゆう伝説が発生)たゆたうのヒロちゃんに歌ってもらって、いい感じでした。
とても良い楽しいイベントでした。
お客さんも楽しかったかだろうかね?楽しんでくれていたら嬉しい。だって、普通のイベントだから、ライブ以外になんか楽しい事があるわけでもなく、音を聞くとかライブを見るって、かなり自発的な行動だとおもうから、みんながみんな楽しめる訳じゃない(性格的にとかその日のテンション的に)けども、この日、こんなバンドがライブハウスでライブしているよとゆう事が楽しかったら最高です。

只、終了2時間後、何故かよっぱらいすもう大会とゆう阿鼻叫喚になりました。そこまではさすがにオススメできませんがね。
ちなみにこの日から、大好評レイニーグッズ第一弾!ワタナベさん監修「ドラムナベジン」が絶賛好評発売中でありますが、第二弾!私監修「レイニーYo-Yo」が発売となりました。只単純に、頑張ってロゴをかいただけのヨーヨーです。スーパーヨーヨーではないので技とかはできません。只、指を引っ掛ける所とかが革でできていたりっするおしゃれアイテムなので、夏に向けて野外フェスなんかでしているともてるかもしれない!
限定四つですが、奇跡的に一個売れたので後三つです。個人的には買ってくれはった偉人さんをインタビューしていきたいぐらいの心構えで望んでいます。
この企画はレイニーメンバーがそれぞれグッズを考える(ロゴとかデザインも全部!)企画なんですが、一発目のナベがハイクオリティ過ぎるものをだしたので、次に続く私がもう、どれだけハードルを下げるかみたいな所がありましたが、見事にこれを見たメンバーの反応は「おっおー、えーやん、、」とゆう大成功な感じになりました。次の四月のウーララでのライブまでには浜田か福ちゃんに作ってほしく思っております。あーでもその時は、やっとこさデモ音源とか出来てたりするかもしれん。

2/13
奈良に行きました。
なぜいきなりと思うでしょうが、なんかお祭り的な事やってるでとゆう事で、お祭りと聞いては黙ってられないレイニーな人達と暇していた春ちゃんで行きました。んで、お祭り首謀者の方達とか、ラスさんとかのご好意でちょっとライブしーやとゆうわけで、ひっさびさにちっこいギターアンプのポリトーン様(最近は田中ケムル様のエレガットを出力する大役をこなす等の活動をしている、去年までのメインアンプ)を召還し、二曲だけやりました。延長コードがなかったため、エフェクターは一個だけ使えるねとゆう状況でディレイのみとゆう男らしい選択。もっと男らしかったのは、バスドラとスネアのタムとライドとゆう調変則的なドラム。あまりご存じない方に説明しますと、ドラムちゅうのはスネア、ハイハット、バスドラの順番で沢山叩くと思われるものです。多分。だから、ハイハットが無いとゆうのはとてもオモシロいのです。
そういえば、昨年年末東京のステーキやで、llamaのヨシオカ先生にお話させて頂いていた所、ボリューム感の調節なんかピッキングでしなさいといわれたのを思い出しましたな。あと、X JAPANのパタのインタビューをyoutubeでみてたら、エフェクターなんか使わなくてもピッキングで行けるでしょーとゆっていた。ホンマかいな。みんなピッキングの事を信頼し過ぎやでと思おう物の、まあ、緩く弾いたり強く弾いたり角度(おもいっきり角度をつけると親指になぜかタコができたので、完全にダメな弾き方していると思う。)で、ある程度はどうにかなるもんでした。出したい音にもよるがね。
まあ、今まで何気なく使っていたピックに焦点をあてる良い機会になりました。
最近、すごーいと思う人をみていると、ドラムとかでも、手までで止まっている人とスティックまで神経が通っていそうな感じの人といるんです。思い込みですが。
んで、スティックまでの人は自ずから叩いている太鼓類やシンバルもなって、paとかそうゆうの関係なく聞こえる!と思うんです。あと、昔みたすごーい広島のジャップコアのボーカルの人はマイク遠過ぎる所に構えるんだけども、口からマイクまで声が見えた。もはやパントマイム的要素かもしれないが、聞こえたり見えたりすると楽しいので私もやってみたいわ♡と思うのである。

で、はるちゃんにボーカルやってもらって。前にやっていたDJの人がタンバリンとかやりだして、奈良に初めていきましたが、ノリノリでしたね。

帰りは無鉄砲とゆうむちゃな豚骨ラーメンの店に滑り込みで行きました。めちゃくちゃおいしそうなものの、食った後は自分の胃袋では絶対に消化できないだろうと思われるような物でした。替え玉しました。スープどっろどろ。体の中もどっろどろになったはず。ノッリノリでしたね。

2/14
またもアバンギルドに行く。
二十人とゆう先輩のバンドとか、演劇見に行ってめっちゃくちゃおもしろかったchikinとゆう団体のパフォーマンスとか、我らがマツキモエ×はなもとゆかとか色々でてました。
本当に多種多様な物を一緒くたに見ると脳がとろけそうになるとゆうか、二十人からはじまったんだけども、その時考えている事とかを、全く違うジャンルのパフォーマンスに当てはめてみてしまったりする分けで、どうも、こう、頭の切り替えが遅いためしっくりとは来ないまま全部終ってしまった。修行がたりない。
ちなみに、マツキモエ×はなもとゆかユニットは、私も参加してやったりしていますが、バキバキに神経質なユニットとゆう分けではなく、こういった場では、ハッピーなダンスをしてはりました。さすがです。こうなるとノットハッピーさんの私は参加していないのが懸命な判断であると思う。
あと、こだまさんとゆうパフォーマンスの人がオモシロすぎだった。それまで考えていた事をばっちりやってしまっていて、ほらーやっぱりーと一人で思った。観客は勝手なもんである。
楽しかったね。
根本的に舞台でやる事をどう解釈しているか?みたいな事なんだけども、この人のやつは、古い曲をかけて、いったいなぜそれが名曲なのかをびっしり解説していくとゆうもの。それって、ただ単純にCDをかけているだけなんだけども、その曲の事を解釈して深ーーーい愛情と理論的な説明をする事によって、それをしている自分ってーとゆう、オタク芸的なオモシロさのある物でした。
とゆうと、あんまり伝わらないけども、大爆笑系です。なんで、それが笑いにまでなるかってゆうと、あまりにも真剣だからだと思うんです。
で、それって、ほかの事にも当てはめてみると、自分の制作した物にそれぐらい深く説明ができるか?ってゆうことで、別に笑いまでもっていく事が目的じゃないにしても、それは、やっておかんといかん事ではないかなと思う。そうしたら、コレはこうゆうふうにやるって方法が見えるし、じゃあ、どうやって練習したらいいかね?と考える事も出来るし。ああ、まあ、分からんくなってきたけども、やる気を頂きました。
しかし、こういったイベントももっと普通に行われれば良いなと思う。


[PR]
by watarukanaya | 2010-02-15 01:07
2/9〜

2/9
三日間家を開けていたので、なんとなく戸惑うものの、まあ帰ってきてしなければならない事などあまりない。
とりあえず日常を取り戻そうと必死。ずーーっと仕事する。
夜、終わりそうにないので、先にスタジオにギターをもっていいとくとゆう名目で深夜ドライブに行ってみる。ライトの付け方で戸惑う。
家の車とゆうか、店の車はいわゆる業務用的な軽自動車なんだけども、教習所の車とは大違いなので戸惑う。
ついでにセカストとか行き、まあ、2時間ぐらい乗り回したらなれた。
ちなみにスタジオに付くと、ちょうどthe No(レイニーのナベちゃんがドラムのハイパーかっこ良いバンドです。)が練習終わりにいた。
彼らは四月後半から全国ツアーにでたりします。ナベがスーツのままだったのがオモシロかった。

2/10
天気予報通りの雨。
昼からスタジオなんですが、雨ふるだろうと思い、昨日のうちにギター持っていっておいてよかった。最近買ったギターがハードケースしかないので、家にあった30年前の革のケースを使っているんだが、全然水に強そうではないので心配だったのです。誰か、防水できてかさばらないケースご存知でしたら教えて。
で明後日2/12日にあるハイパーオモシロいイベントに向けてのハイパーカッコいいゲストボーカル様を迎えての練習をさくっと終わり、ほな新曲(とゆうか、だいぶ昔の曲をリアレンジ)とかやりましょかーと、夕方になるも、なんと、今日のスタジオは夜の九時まで予約されていた!通算8時間!寝た時間より長い!
とゆうアホな事態に陥り、せっかくなので、間にご飯食べたりしたものの、全員体力切れで夜の8時半であきらめました。いやーめっちゃ楽しかったけどな。毎週コレぐらいやりたいもんです。それで生活できるなら。

とゆうわけで、ついに明後日になりました。最近、個人的に京都でライブしてない気もするので、久々にアバンギルドでやりますよ。
出演は チーナとゆうコントラバスとバイオリンとピアノとギターとドラムとゆう冒険な構成にもかかわらず、ゆるーーーくなる事は無くがっつりやっちゃうバンド。
言わずと知れたザ・ドクロズはもはや京都の伝説ですが、メンバーチェンジをへたものの、パワーアップしまくっているらしいと巷で噂。
AYA OTO WORLDは、惜しまれつつも解散した紺風少年のメンバーの新しいバンド初お目見え。しかも、ビバ☆シェリーのさと姉も参加しているらいい。
とLainy J Grooveです。昨年は田中ケムル先輩をゲストボーカルに迎え、スマッシュに走り抜けたわけですが、今年は初期メンバー四人に戻り、がっつりした音になってます。それと、今回は、爽やか要員として、シスターテイルや茶飯事バンドでおなじみ、京都一のNORD使いS氏や某二人組女子ユニットのH先輩がゲストボーカルに来てくれます。
今年始めとゆうことで、こんな感じにばばーーーんと行ってみますので是非来ておくれやす。


[PR]
by watarukanaya | 2010-02-11 04:13
2/6〜ジョアンナsunsui&unit〜toe bigcat

怒濤の三日間が終りました。完全に日常にシフトする感覚がつかめない。

2/6ジョアンナ一日目
ついにジョアンナニューサムが大阪にやってくるとゆうことで、サンスイに。
まあ、今更ながらなんですけども、ずーーーっと聞いていた人がほんまにいるちゅうのは、実感がわきません。リハの時ハープの音と声を聞いたら、やっぱり本物やーーと思いました。
さらに今回、ジョアンナバンドではニールモーガンがドラムで参加していて、私、この人のドラムがかなりあれなんで、どうにかしてゆっとかないと!とおもい、がんばって英語でしゃべりましたが、まあ、あんまり通じなかった。しゃべらはる英語がよくわからなかった。ただ、楽屋の暖房を消してくれ!といい出したのは理解して消した。それぐらいのコミニケーション。コーヒーか紅茶のみますか?とゆうがいらないといわれる。

んで、ライブ。知っている人も沢山きてくれました。当日券も売り切れな大入り。
自分のライブ終った瞬間、ついにジョアンナ始まる!とおもって、ものすごい緊張してきて大変でした。まあ、明日も見れるしな、、と思いながらも目に焼き付ける。

次の日もライブとゆうことで、一同さっくりと解散。
ニールに今まで聞いたカホンの音でモストいい音だったヨよ言われる。ジャパンメイドの勝利である。
ご飯食べるタイミングを逃していたので王将にて炭水化物満載なセットを食う。
大阪にある王将のセットのチャーハンは醤油味の焼き飯で、焼きそばもソース味だった。中華くった気はまったくしなかったがおいしかった。
夜2時ホテルにて就寝。

2/7ジョアンナ二日目
朝六時半に起床。朝のJRで山科まで行き、干川さんの実家の車を借り九時過ぎに高速にのる。
富士川インターでシラスどんぶりとかみそカツ丼くう。
四時ぐらいに東京着、インター近くのホテルにチェックインしユニットに向かう。
近くにエジプト大使館があって、前にエジプトっぽい象がありキャーキャーゆう。
代官山には初めてきたけども、ほんまにもう、おしゃれもええとこですわ!って感じの所でした。みんな、モデルみたい。
完全なお上りさん的な気分だったが、ユニットのスタッフの方達も驚く程みんなやさしかった。

で、ユニットはかなり広いので、ステージにグランドピアノを持込み。
ジョアンナもリハからかなーーーりいい感じになっていた。天井も高いので生音の響きがかなりある。只、上か下がクラブらしく、たまーに地響き的低音がなる。
リハ終わりぐずぐずしていたら、オープンとともにステージ前に人が押し寄せ完全に封鎖される。
そのためステージ袖から楽屋に続く道とホールは一旦一階までおりなければならないとゆう事態に、階段の上り下りを合計八往復ぐらいする。

ライブは左から、ライアンの弦楽器類、ハープ、ピアノ、ドラムと並ぶ前でライブをする。したがってものすごい豪華なセットとなる。ちなみに今回から導入したkawaiの高級トイピアノをグランドピアノの前で弾く事になる。ちっちゃい。
本番直前、ニールが昨日の事を覚えていたらしく、「お茶かコーヒーでもいれてこようか?」みたいなアメリカンジョークを言ってくる。めちゃくちゃ神経質な人におもえるけども、やはり陽気です。アメリカの底力を見た。

ジョアンナもピアノありのかなりのロッングセット。ファースとのCDではファズかかったピアノの曲も披露。ファースとからセカンドに大人ーな感じになっとるんだけども、ファーストの曲は大人な感じに、逆にセカンドの曲は陽気な感じにリアレンジされていて、三月にでるアルバムの曲とテンションが統一されていた。
あと、ステージ袖から見たりしたんだけども、ニールはスティックを置く音とかも、タイミングをよんでリズムにしていて、さらに、コーラスの声がびびるぐらい良い声。全身から発声している感じ。ワールドクラス。

東京の友達も来てくれる。(なんと、ユニットから歩いて5分の所の所に住んでいるらしい、おしゃれにもほどがある!)
打ち上げはジョアンナが焼き鳥好きとゆう事で、渋谷にあるめちゃくちゃ狭い焼き鳥屋にて。
軟骨とか半分ミンチ的にしたものだったり、本場の焼き鳥!って感じでした。チェーン店的な居酒屋以外で食ったのは初めてだった。ちなみに、ニールとライアンはお疲れの模様でラーメン食ってホテルに戻ったらしい。(何故か日本のラーメンとソバが好きすぎて、毎日くっていたらしい。。)ので、夜中二時、渋谷の歩道橋の上でジョアンナとお別れ。飛び跳ねて手を振ってくれていた。

まあ、あまり現実味のないまま、二日間が終ってしまった感じはあったものの、また、来日したら、絶対見に行きたいです。

三時就寝。泥のように眠る。
ちなみに、ネットで適当に見つけたこのホテル「ドゥーミーイン青葉台」は高速のインターの池尻からめっちゃ近いところにあり、凄く便利且つ、一部屋四人でとまるとだいぶ安いのでとてもオススメ!今後、渋谷とかにライブする方とてもオススメ!(大浴場あり!めちゃしょぼい朝ご飯付き!チェックイン時間融通聞きます!24時間フロントの人いてくれます!近隣コンビニ多数!ホテルの隣が駐車場!)

2/8
ジョアンナショックを租借できないまま、朝8時起床。
すぐに高速にのり、なんと昼の2時に京都着。めちゃくちゃすいていた。あと、新名神は路肩に雪がのこっていたけども、やっぱり速い!
今回使う機会があるかもと、密かに初心者マークを持っていっていた物の、わりかし急ぎのためずーーっと干川さんが運転。一人で行き帰りするのになれてきてしまっている模様。
京都で車を乗り換え、大阪へ。
で、いそいでいた理由は、この日行われていたビッグキャットのtoeのニューアルバムリリースツアーの初日大阪のツアーオープニングアクトをするため。ついたら時間は余裕でtoeがリハをしていた。
今回のツアー、アルバムを聞く限り、いったいどうなるんだろうとわくわくしていたけども、本当に再現してやってしまっています!ほんまに凄い。

ちなみに、ビックキャットはアメ村にあるんで、リハ終わり甲賀流たこ焼きと、ソースをかけない高級たこ焼きをハシゴする。本番前、京都ミューズホールのユキサザさんがいる。なんと、しらなかったけども、ここは、ミューズの系列店らしく、わざわざ足を運んでくれた。安心する。

今回のツアーもフロアにステージを組んでいるので、我々はステージ前方をつかって三曲。
ステージ前のtoeの機材をはさんで向こう側にお客さんがいる感じ(toeの時はステージも客席になる)。
まったくの事前アナウンスがない状況下でのびっくりオープニング。こうゆう、どっきりに対して大阪のお客さんは何の抵抗もなく盛り上がってくれる。それもこれも、toeのライブへの期待度がものすごいからなんだろうけども、近年まれに見る会場の雰囲気。むろんのソールドアウト。仕切りのエラい人も、「最近の大阪で感じた事のない空気になってる!!!」とめっちゃテンション上がっていて、そうゆう、関わっている人がそうゆう事を楽しみにしてうれしがっているのを見て、本当に感動する。もう、なんかそうやってあるもんなんやろうけども、そんな事、普段感じれないものだから、うまく言えないけども、とにかく、楽しい雰囲気になってよかった。
で、むろんの期待感の中、完全に期待に答えるtoeはほんまにかっこよかった。今までのライブも何度かみているけども、本当によかった。
アルバムの曲と昔の曲を織り交ぜながら、ついでに干川さんが歌っている曲も本人参加のスペシャルバージョン、んで、もう、アンコールのあれとかこれとか、見えないものが見えた。聞こえないものが聞こえた。
から、明日以降のツアー見に行く方、楽しんで下さい。私ももう一カ所行くぞ!
本当に凄いよ。同じ時代にいて良かったと思う。

とゆう訳で怒濤の3日間(私にとっては三日連続とかなかなかないんですよ)が、終了。
今年一番のハードな日々となる事だろう。
三日目はアナウンス無しびっくりライブだったけども、3日間あわせて見に来てくれた人、ありがとうございました。
さあ、仕事するぞ!仕事するぞ!仕事するぞ!

[PR]
by watarukanaya | 2010-02-09 16:19
2/5

2/5
ついに前日である。あるんです。あるのだ。
6日7日とジョアンナツアーです。
自分のライブはもとより、ずーーーーーーーっと見たかったのでとてもとてもテンションがあがるんです。
今晩寝れるか心配です。アディオス

[PR]
by watarukanaya | 2010-02-05 23:20
2月1日から

c0180320_235737.jpgついにジョアンナな週末まで一週間を切りましたね。。
彼女の新しいアルバムのジャケットが公開されました。あと、超極秘かもしれませんが東京のユニットでの公演には、スペシャルな事が起ります。
一週間まえなので、コンディション作りに入っています。あと、三日間家に帰れないので、いったい靴下は何個いるのか?的な心構えと用意がいる。
あと、訳ありで愛用の鉄琴が手元にない状態なので、せっかくなのでずーーーっと狙っていた鉄琴に変わる素敵楽器をゲットしました。2/6から使います。



2/1

運転免許試験場に免許をとりにいくつもりだったがあきらめる。
夜にスタジオに行く。レイニーのみなさんの予定が色々な時期なので毎週流動的になっている。
買った物の、以外に出番の少ないレインコートを着ていく。逆に昼間、我慢してい行っておけば、車で行けたなと思う。ここ8年以上バイク生活だったので、雨にぬれずに遠くに行けるとは素晴らしいと思う。バイクも屋根付いてたら良いのにと思う。ほしたら、車より売れるんちゃうかと思う。

アンプの真空管を変えたので調子がいい。良い音がするも録音したらうるさい事になる。そうゆうもんだ。

ちなみに、この日はレイニーふくちゃんの誕生日(誕生日にスタジオ)だったので、ほか三人でアディダスのオモシロい靴をプレゼントする。やっぱりどうみてもオモシロいと思う。


2/2
試験場に行く。バイクの免許があるので、テストは無し。昼の2時に行って三時半に交付。
ちなみに、最近はicが埋め込まれた免許証になっているのでちょっと今までのより分厚いです。
やはり、これもってたら、今日から運転していいですよってゆうのは非現実的な気分になる。
いとこが御受験の為、長野から京都に滞在していたのだが、無事試験も終わり帰っていく。正月、初詣の際、北野天満宮にて絵馬祈願しておいたので、大丈夫だろう。

2/3
節分である。とゆうことで、屋台でているといても立ってもいられない松木さんと吉田神社の節分祭りに行く。唐揚げと広島焼きとハシマキと山形名物みそ煮込みホルモンとベビーカステラと回転焼きを食う。あと、ついでに京大でコーヒー飲んだ。京都で一番盛り上がりを見せる節分に強い神社であった。

ついでにタベルトの魚やにて恵方巻きを買う。去年からハマっているが、ここの恵方巻きが一番コストパフォーマンスに優れていると思う。

2/4
ジョアンナが来日しているハズの日。オーストラリアからの来日なのでめっちゃ暑い所から寒い所に来て困ってないかが心配になるも、まあ、本国アメリカは今寒い時期だろうから大丈夫化と思う。
夜、分け合ってレイニースタジオ。いっつも使っているスタジオがあいてなくて、しかも、近隣のスタジオも全滅だったので、千代原口のスタジオに行く。
車にのっていってみようかと思ってみた物の、千代原口のあの工事のややこしさと駐車場の場所しらないので、ビビってバイクで行く事にする。
まあ30分ぐらいで行けるだろうと思うも、道を誤り川沿いを走ってしまい寒い事になる。さらに千代原口に時間通りついたものの、場所がわからず15分迷う。ホンマに凍死するかとおもった。どこまで行っても、どこ曲がっても住宅地ふが続くんです。
練習は無事に終ったが、ふくちゃんからまさかのプレゼント返しがある。ちなみに私は6月生まれですが、ついでとゆうことで、全員にプレゼントが配られる。サンタ状態。
ものすごく夏な帽子をもらったので、これはあれやな、海とかでしたいとおもうので、今年の夏は海に行こう。
あったかくなるのが待ち遠しいですね。(私の部屋は寒いので、基本的にダウンを来て仕事をしています。)

[PR]
by watarukanaya | 2010-02-05 02:27
1/31

1/31
ここの所、ぎゃーぎゃー車の免許とると年甲斐も無く大騒ぎ(自分のみ)していたんですが、本日無事に取得しました。最後の試験の最後の方向転換で脱輪しましたがね。
大人達に昔の教習所の話を聞いて、絶対一回では無理やなーといわれていたんですが、こいつには運転とかさせたらあかんやろ的な人でも、脱輪する私でももらえていたので、まあ、そんなもんなんでしょう。今や。

とゆうわけで、早起きしたので昼間、市役所のフリマに行く。
tシャツ三枚で系500円の買い物をする。ちなみに駐輪場の値段は250円で、その後ジャポニカにてお茶した金額は二人で1500円だ。
運の悪い事に今日は小雨がぱらつく感じだったんですが、無理矢理結構していたため、寒い中、ちょっとぬれた感じのフリマ出している人達は大変そうだった。基本的に立ってはった。
とゆうわけで、スーパーコーヒーのうまいカフェジャポニカ(市役所近く)で雨宿りして帰る。

夜。
我が麗しのホームタウンsocratesにてKiMのイベントだったので、バイトはいってなかったが、とりあえず行く。晩御飯がカレーだったので洗い物しても間に合った。
まあ、とにかく、京都で一番音デカイ自身があります。

さらに夜中、仕事していて、今週の休み決める段階になり、6日7日8日やすみますーとメールし、ああ、もはやジョアンナまで一週間を切ったのであるなと物思う。
もう、さんざん騒ぎすぎていったん落ち着いてますが、コレを聞いたらまたもやテンションがマックスになる事間違い無しの新しいアルバムの曲がどうやらドラッグシティ(アメリカのジョアンナだしているレーベル)にて視聴できるらしいとの情報が干川さんよりきたので、聞いてみようとおもったものの、いったいどこから聞いたらサンプル聞けるのか全然分からない(もちろん英語)ので、まあ、自信ある方は試して。

[PR]
by watarukanaya | 2010-02-01 01:30