<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
新年の挨拶に変えまして

おかげさまで、クリスマス以降、怒濤の実家の忙しさとなっております。
毎度ありがとうございます。
んで、私、個人的に今年は身内の不幸がございました。

故に

新年の挨拶などは、控えさせて頂きます。
来年も、変わらずなんか、どうにか、面白く、皆様と暮らしていけたらと思っております。

病気。
事故などないように。(11月の事故、まだまだ、処理が終わりません)

今年はどうでしたか?
全く進まなかった事。全く進歩のない技術。

大会がオープン。

おれ、仕事が自宅勤務に変化。

ナイス舞台を見ました。ナイスライブを見ました。ナイスイベントで、遊びました。

友達と友達(私の大学の同級生と、福ちゃんの隣の部屋やった人)
が結婚し、二次会の幹事をやらせてもらったり、もう、同世代の友達が、子供を生んだり、はらませたり、良い事もたくさんありました。

思いつくく事が全然できなかった、忙しい年ではありますが、
年々、勢いとか、やる気が、どんどんましてゆきます。

新しい、ユニットも立ち上げます。
お正月はスタジオにこもります。やりたい事は、作りたいものはとりあえずやってみる方針。(もう大人やし。)
レイニーもレコーディング中。内緒ですが、四月ぐらいには、かなり、大掛かりな計画がまっています。
dry riverもミックスどうにか、春先には。
映像集団のメテオライト。また、新作に音楽を付けさせていもらうかもしれません。
新ユニットはまだ、メンバー探しの状態。ピアノ募集中。

来年も、巻き込んだり、巻き込まれたりしながら、
とりあえず同時代に生きる全ての人が笑って過ごせますよう、祈っております。

かしこ。

[PR]
by watarukanaya | 2008-12-29 12:32
12/25 大阪城ホールをのがす

知っている人は知っていると思いますが、昨日、大阪城ホールで、元イエローモンキーの吉井さんのソロライブがあったんですが、ドラムをたたいているのが、元京都の人で、バイト一緒だった人。しかも、うちのねーちゃんのドラムの先生の弟弟子にあたるとゆう、関係。で、お誘いいただいたんですが、ばたばたしていけず、ねーちゃんは行ったらしい。
おねーちゃんがゆうには、子供つれて見に来てる人が多かったーとゆう事。
そら、同世代の人も、そろそろ子供生まれてますから、そんなもんなんやろなーと思います。

世代的にどうも、コンサートとか行く歳のころ、はやっていたのは、ブランキーとかミッシェルとかイエモンとか。
私が初めていったコンサートはイエモンの神宮球場でした。
そのドラムのヒロシ氏も初めて行ったコンサートはイエモンの大阪城だったそうな。。(一個年上。)
そうゆうひとが、もはや、同じステージでドラムたたいているとゆう。不思議。
いや、でも、あのドラムをみたら、別に不思議でもなんでもないんやけども。
しかし、音楽以外の所の話してる方が多かったので、(バイトやもん)結果不思議。
またの機会、見に行きたいです。

[PR]
by watarukanaya | 2008-12-26 23:32
12/21 木ノ下歌舞伎の摂州合邦辻を見に行く
c0180320_6202314.jpg

北大路のアトリエ劇研にて行われた、木下歌舞伎を見に行きました。
見るの三回目。

これは、歌舞伎の現代風解釈とゆう、べつにまあ、そういってしまうと、おもしろくなさそうですが、それが、また、それが、何故かおもしろい独特の舞台にしあがっているとゆう、不思議な団体。

今回は『摂州合邦辻』。有名な身毒丸の下敷きになったお話。
歌舞伎に望む態度は予め、だいたいのあらすじを呼んでおく事であると発見した三回め。
入って、とりあえず、あらすじを読む。
セリフは全て難しい言葉。それが三十分経つと、すっと頭に入ってくるようになる魔術。
これにかかりやすくするためには、あらすじを知っておくと。
古典文化にたいして、そうしておくのがお客のマナーとゆうか、知っていて,楽しむクラシックな世界。

でも、だんだん、言葉が分かるようになるのは、多分、役者の人の力。

ちなみに、三日間の公演の最終日。
18日の本番前、一緒に鍋を食っていた人が、病気にかかる王子様敵な役。。普段道理のキャラでした。
ザッツエンターテイメントやったね。日本人の昼ドラのスタンスの根源は歌舞伎に有りと見ました。
ほんまに、この話、すごいから(どこまで、この作品で、解釈が変わっているのか私は全然しりませんが。)
マジでみたほうがいいぞ。ちゅうか、凄いぞ。あのどんでん返しは。


今年最後に見た舞台、ナイスセレクトでした。
あと、デザインしている人、前からおもってたけども、天才!
ああもう、世の中には天才があふれているとおもう。
天才に見えるちゅうのは、たとえその日とがしょんぼりな人であっても、素敵作品に仕上がっている証拠だから、とても、天才的であると言える。
とゆう事は、こんな私でも、、、、
と思う。


この日はその後、またまたソクラテスにてPA。
某、有名会社退職度、趣味で始めたbarの1周年イベント。
フランクザッパ好きの店。
が、バンドはみんな、そうでもないバンドばっかり。
だって、50apeとか出てましたもん。
とゆうような、雑多たくくり。だけでも、最後の挨拶で、今年でつぶれるんちゃうか?
と冗談を言われて「死ぬまで、なんにしても、趣味に生きるんです!」
とすっごく小さい声で叫んでくれはった、barオーナーの言葉はジーンときました。

ジーンときたまま、50ape口ずさみながら朝の4時から七時まで仕事。
もう、小鳥が鳴くと寝る生活。。。

[PR]
by watarukanaya | 2008-12-23 06:40
12/20 卒制見逃す

京都造形の舞台の卒制の季節です。
この季節になると、渡辺サンの誕生日です。
今年は学部が変動したので、演劇ばっかりで、ダンスないんやろうとおもいきや、
パントマイム的なあれとかいろいろありまして、まだまだ楽しみなこのシリーズ。
そうか、私と同級生の人たちのを見てもう四年。毎年すごいのが見れます。
そら、学生が!と世間では馬鹿にされがちですが、生活も、勉強も、仕事も何もかも捨てて挑むぐらい、時間と労力と生死力がついやされた舞台はそりゃ、おもしろいんですって。
まだ、四年前の台詞が思い出せるぐらい。

が、
バイトの時間との兼ね合いで、今年は一発目の見に行けませんでした。
こうやって、人生のやる気になる成分が減っていくのは、とても悲しい。

年明け、またいろいろあるので、みんなも、みにいったらいいやんか!


そして、バイトはソクラテスにて、元レコードショップbase勤務のレイちゃんのイベント。大学時代から、なにかと一緒にバンドやったりしていたりした人なんですが、そうゆう人のするイベントに来る客も、みんな楽しそうにしていて、大変素敵なナイトとなりました。

[PR]
by watarukanaya | 2008-12-23 06:14
12/19 遊ぶ

c0180320_551168.jpg

今年最後(俺が行くのがね)のアバンギルドに
福ちゃん加入のベストフレンズ of ゆーきゃん
を見に行きました。
その辺気になっておもしろかったので、ユーキャン見に行った気がもはやしないぐらいドキドキ見てしまいました。白いマーシャルからなる、ラリーさんのベースはかつてないすごさでした。見過ごせるものを見過ごさないと面白いと思います。

ちなみに、狐の嫁入り初めてみました。よい曲と、面白い曲と。
おもしろくって、よい人がらをそのままに。した感じ。
最後の曲。いい歌やった。

シゼンカイノオキテ久々に見ました。佐野君のアンプが緑になって初めてまともに全部みました。あのアバンギルドなのに、歪んでる具合もちょうど良く、もう、三人ともに、なんか、ブランキーぐらいのキャラ立ちといいましょうか、そこらへん、もう、誰にもまねできない領域に達しているように思え、最高でした。

このまま、このままの気分で、年こせたらサイコーやなーとおもいきや!





c0180320_55116100.jpg
のようなイベントにその後。
同じ日に木屋町のクラブSaiにての、エロイベント。
入場時にコンド○ム配布!かかっているのはチョコレイトディスコ!
ツネに男女問わず、お立ち台には、ちんかめ的衣装の人!
show timeはsm的ダンスとか、ポールダンスとか!

なんですが、脱ぐわりに、最後まで脱がない感じが、大人な感じ!
そう、そうゆう、どの偏のラインが一番面白く過ごせるか?とゆう、ナイスライン!
ウッとおしい感じの客も一人もいない!
エロとゆうと、エロですが、それが笑いに収まる範囲。エロではないよな。

そしてメインタイム、ギャルが騎馬戦で登場(する騎馬部隊の男手としてかり出され、パン1で騎馬になりました。知らない男子三人で。しかも、退場もするため、ステージ袖で控えていたため、ギャルショー見れず!)
意味不明な遊び納めでした。

朝四時に帰り着き、8時まで仕事!年末の地獄の幕開け。

[PR]
by watarukanaya | 2008-12-23 05:51
ついに決定!
c0180320_316258.jpg
ついに、永世竜王にけっていしましたね。
あの、有名な羽生さんを破っての快挙。
羽生サン曰く、

「チャンスはあった。が、いかしきれなかった」

と。






しってますか?この人の名前。


渡辺明さんです。



ワタナベアキラさんです。



と、深夜のニュース(仕事しながら、つけているので、声だけ、だいたい聞いてる。)
で、聞こえて来た瞬間、人生ではじめて、将棋に興味を持ちました。

ガンバ大阪はマンチェスター相手に3点いれました。
五点入れられたけど。

ちなみにレイニーのデモレコーディング順調です。
ちなみに、今日のこちらの渡辺アキラさんは渋い着物ではなく、迷彩のスエットパンツでした。

あ、後明日はアバンギルドで福ちゃんがついにベストフレンドに出演!
シゼンカイも久しぶり!そして、ついに、youtubeでしかみたことない(何故か絶対にイベントがかぶり見に行けない!)キツネの嫁入りが見られるんです!
あぁ、マドナシさんの歌声は実にドーマンセーマン以来!

12月19日 (fri) ワイキキレコード企画 The Shut-Ups JAPAN TOUR
The Shut-Ups(U.S.A)
シゼンカイノオキテ
ゆーきゃんwith his friends
キツネの嫁入り
DJ: 岩崎 慎(SECOND ROYAL / METON MILK)
  坂本 敏史 (LONDON CALLING)
OPEN 18:30/ START 19:00
adv.2300 yen + 1drink / door 2800 yen + 1drink

[PR]
by watarukanaya | 2008-12-19 03:23
カブール
c0180320_2433767.jpg
カブール
『カーブル市は、アフガニスタンの首都、カーブル州の州都。
3000年以上の歴史を持ち、古くから"文明の十字路"と呼ばれた。現在、数十年続いた戦災からの復興の途上にある。カトマンズと並び、ヒッピーの聖地と言われていた時期もある。』

とゆうわけで、家に聖護院カブラがやってきました。
姉が持って帰ってきました。(八百屋にあらず)
このカブラ、くってみたら、ビビる程うまかったのです。
その昔、産大の近くの焼き肉でくったハラミいらい、衝撃すぎて、もうあかん!ずっとたべてしまう!となりました。晩御飯の時間に。
こんなん食った事ないと父にゆうと、どうやら、千枚漬けにされているカブラらしいです。
ああ、千枚漬けうまいもんな。
けど、あれは、カブラが元々うまかったんや、と気づきました。
少し、残念でした。

で、そうゆう、昼間うちの手伝い、夜中まで仕事みたいな生活をしておりますが、
面白い企画が飛び込んで来ていますので、

速報!

来年1/10日に大阪で、なんかのイベントに出ます!
詳細、チョウ未定!
ライブまで、ひと月切ってるのに、分からないのは,年をまたぐせいですね。

1/11に@大会 de 新年会◎
渡辺サンから電話がありました。
渡「1/11日ひま?」
私「べつに仕事以外の予定はない。」(先に用事を言ってほしい!)
渡「ほな、新年会やるし、お前、落語な。」

とゆうわけで、おそらく、私が6年程前に落語にはまっていた事を思い出し、あれしたわけでしょう。
こうゆわれては、まあ、やるしかないじゃないですか。
で、昔、覚えていたのは、桂三枝(テレビではおもんないですが、創作落語はほんまにおもしろいんですって!この人。)なんですが、もはや忘却の彼方なので、
なんか、えーのないかとyoutubeでさがし、一番短そうなのを選びました。
毎日、お風呂は入る時間は練習です。

ちなみに月末は26日に@大会でohi-sunがアンニュイなバージョンのライブ予定ですが、私は定かではない。

[PR]
by watarukanaya | 2008-12-18 03:19
好きな物を再確認する

c0180320_1521685.jpg
平日は仕事。週末はソクラテスでバイト。
バイト終わって,さあ仕事しようとおもったら、タイミング悪く仕事が来ていない!
昨日も今日も予定が変わる。漁師のようなお仕事です。

もう、年の瀬なので、ソクラテスは、かなりいそがしいです。
また、月末になれば、実家の方もかなり忙しくなります。
そうゆう時、忙しいと、何となくテンションで乗り切ってしまうものですが、
なんとも、いかんともしがたい、この、なんてゆうか、なんか、忘れているような気になりまして(まだ、忘年会もしていないのに!)、いそがしい、忙しいとゆうまえに、はて、本当に私の生活に必要な物、強いてゆえば、何をするかと。
来年も、今年と同じでは、成長がないですし、もちろん、私、このままでいい!なんて、これっぽっちも思わない、生涯パンクスですから、(それが成長がないともいいますが)
本当に好きやなと思えるものを思い出してみようと。
ゆうわけで、数ある、音楽の中、woodstockは外せなく、youtubeで見てました。
見た事ない人みて、ガルシアをみて、サンタナのドラムはやっぱり凄いとおもい、
ジャニスで、感極まったり。ああ、こうゆうのがあればいいとおもいました。
それは、音楽とゆうくくりとか、そうゆうの関係なく、ブルースが好きとかそんな事もずぇんぜんない私が。
それがあればいいなと。
でも、それってなんなんやろと、思いますので、来年はそうゆう
感じで生活していきたいと存じます。
いい曲ができたらいいね。

[PR]
by watarukanaya | 2008-12-15 02:02
めとろ
c0180320_119453.jpg
今日はーメトロに来ていますー。
dj yonng animal

club metroにて、開催されております、UNDERMINEに前回に引き続き遊びにいきました。
かつてGODと呼ばれた男がdj.
ちなみに、彼の主催イベント、LAST RESORTは今週末土曜日。13日に、
木屋町クリームにて!
LAST RESORT@CREAM
2008/12/13(sat)open&start 22:00
NO CHARGE
DJ:Young Animal/Okada-s/Phone Head(ex.dj otomodathi)

DECO:klma

SOUND DESIGN:Buritronix

私、まったくもって関係ございませんが、遊びにいくだろう!
[PR]
by watarukanaya | 2008-12-12 01:19
メテオライト!

dry river stringのデモ版の絵も書いてくれました、東京にいった知人が映像とデザインのグループを立ち上げました。
cm的な物がyoutubeにアップされましたので、ご覧下さいませ。
音は私が作りました


今をさかのぼること、はや一年ぐらい前まで、四条烏丸に印刷屋の事務所がありました。ネット通販で印刷している所なんですが、それのデータがちゃんと出来てるかチェックして、印刷機に入る前のデータに変換するお仕事。
バイトは造形、精華、いりみだれていました。
そん中いたのが、この映像作っている人で、映像が専門の人。
会社の忘年会などで、ユーチューブでケミカルブラザーズのpvとかみながら、専門的なcgとか解説してもらえると、今まで、しょーむない風景にみえていた映像がすげーーーってなって、とても面白かったです。
また、映像のソフトのマックスを使って、音に反応して、CGアニメーションが動くシステムを運用できる術をもっていて、(そのシステムをどう説明してもみんなにわかってもらえなかったのが、未だ悔しい。つまり、音で、映像素材が切り替わるのではなく、cg内のオブジェクトが動くとゆうこと。ぱらぱらマンガ的じゃなく、あくまで、有機的なプログラムとして、自走する。コルグとかの機材の先をいっている最先端のプログラムだった。)
それをVJにして、DJと俺でpablic on the mountainとゆう、ハイテクグループを立ち上げたのはいいけれど、東京の某有名アニメーション制作会社に就職してしまい、それも、まあ、立ち消えとなりましたが、こうやって、東京で、頑張って(仕事の合間を縫って)作らはった映像に音つけさせてもらえるとか、そうゆうのが、とても嬉しい。
また、映像がメールで送られて来て、音作っておくって、みたいな事が、お互い仕事の合間合間に出来る通信システムの進化に感無量です。
こんなこと、95年にはユメやったよね。とゆうか、映像が家庭用の20万そこそこで、買えるようなコンピュータで処理できるなんて。
それましたね、話が。
とゆう事で、映像の秒数を独自の譜面になおして、数字とにらめっこしながらの、編集作業。数字がつきまとうのはおもしろいですね。
とゆうか、バンドとかやっていると、ギターあって、ドラムあって、とりあえず、音ならす機械に囲まれて、さあ、どうする?とゆう発想。
んで、こちらは、無音の映像が送られて来て、それを埋めていく作業。
その二つは方法論として、決定的な違いがあるとおもうんです。
ゼロの概念に気づくのは、スタジオに入ってるだけじゃ私は無理やったな。
ミニマムの概念とか、ジョンケージの無音コンサートだとか、ダンスのインプロビゼーションセッションだとか。自分の中での租借はそうゆうこと。どちらが、正しいとかそうゆう事はないし、また、俺にはこっちかな?とゆうのもないけれども、ただ,決定的に違っているとゆう感覚。
それを両方もちあわせながら、生きていきたいと思っています。

それましたね、話。
とりあえず、音は俺がつくったりしていますが、今後、本格的な映像作品などが、制作されていくと思いますので、この手のもの(一個、制作中のイメージ画像みたら、また全然違う感じの作風。なんせ、一人の作家の作品じゃなくて、いろんな人がいろんな協力をして、最新の現場で、最新の技術を使ってやっているだろうから。)
すきな人はチェックしてください。
公式ホームページはこちら!

[PR]
by watarukanaya | 2008-12-10 02:26